『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

第7回アラドドリームカップに行ってきた 

2012/12/30
Sun. 13:47

どうも。


大火災の次は伝染病、かと思ったらもう違う記事かよ、という感じですが、いや、いやいや、それは違う。
別に挫折したわけではないよ。ただ恐らく今年最後の更新となる今回、突発的に話題にすべきことが出来たのでそれを記事にするだけさ。
内容的にどうしても語る記事になってしまうし、伝染病記事の続きとするより、こうして1つの記事として枠を取って悪いことはあるまいという観測のもとの決行でもあります。


そんなわけで12月28日、突然開かれた第7回アラドドリームカップに出場してきました。
かなり突発的な開催だったようですが、たまたまライツベを開いたら目に留まりました。
形式は3vs3の大将戦トーナメント。当然、出場を誘う友達なんぞいないのですが、幸いぼっちの寄せ集めでもチーム編成されるそうなので安心して参加。
尚、細かいルールなどはこちらに。


というわけでスゴうすさんが建てていた部屋に入って参加申請をしたのですが、らいつべ配信のコメント欄に謎のコメントが。
第7回アラドリss
だ、誰だ……! 俺を知る者か……!?
これで自演だったりしたら寒い上に笑えるけど自演じゃないよ。いや、こうやって書くとなんか胡散臭い、もとい嘘くさいか。


そして各チームの名前とメンバー、職まで網羅した自作のトナメ表がこちらだ!
第7回アラドリトナメ表
いや、すっげぇ横長です、はい。余裕で見切れてるのでクリックして開いてください。
なんかこう、ずらーっと並んでる様を見たくて、分割したりせずに全部横一列に並べてみた。壮観。だが見辛いのは否めないぜハッハー。
急場拵えだったり、抽選で作られたチームだったりで、今回はかなり職の偏りがあるところが多い。あとなんか男喧嘩多かった印象、
しかし、優勝チームの名前がある意味ネタバレである。




というわけでぼっち枠で入り、抽選で他のぼっちの方と即席チームを組むこととなった私ですが、編成はエレ阿修羅でした。
スゴうすさんによって命名されたチーム名は『平均』。「まぁ割と平均的なバランスのチームだから」みたいなことを仰っていましたが、いや、さすがに安直にもほどがありませんかそれ。別に不満というわけではないが。


当日の配信はこちら。
第7回アラドドリームカップ開催!! ~サモ解禁~


・第1試合
vsスノー=サウンド(尊5エレ)・りあ充爆発(尊2男喧嘩)・ガーディ(女格、詳細不詳)→タケノコINアワビ(名人クルセ)
ScreenShot02930.png
プリンさん「フィゼルアさん青じゃない?」→(どうしよう訂正するべきか……)→(いや大したことでもないし、目くじら立ててるみたいでイヤだからスルーが良策か……?)→(いや、ここは冗談めかして正すべきなのか……?)
→「ですね(真顔)」


そんなよく分からん精神的懊悩があったりなかったりしたわけですが、ここで相手チームのガーディさんがやって来ない。
しばらく待っても来る気配がないため、補欠のタケノコINアワビさんが入ることに。2ヶ月ほど前、俺の妹がコモディ決闘大会(混沌)の1回戦で当たった相手でもある。何やら因縁を感じないでもない。


この時は結構焦りました。前回思いっ切り敗北を喫したというのもありますが、実力が確かな相手ほど怖いものはありません。あと最近、クルセになんとなく苦手意識があったというのも。
勿論ガーディさんの実力も未知数ですが、まったく無名の女格(この時点で段位のことは知らなかった)と今回の相手を比べると、やはり軍配の行方は明らかでしょう。
……まぁいくらなんでも級で挑むのは無謀すぎてネタ枠でしかないし、強かろうとステータスが貧弱すぎてボーナスなので、結果的には難易度が上がったと見てよかったでしょう。


第1戦――マハーカーラvsスノー=サウンド
個人的にはエレがメッチャクチャ苦手、その上相手がスノーサウンドさんという実力派ということで、レディーは押しませんでした。いや逃げてるようですが、犬死とかしたら笑えないわけで。
阿修羅エレの有利不利は分かりませんが、マハーカーラさんが非常に上手かった。名前の方は聞いたことがなかったのですが、実際勝率も高かったし、紛うことなき実力者でした。
メイジの位相・QSの二段構えやホドルチリングといった妨害が多く、阿修羅コンボを入れづらい中、的確に連続して相手のダウンを奪っていく。そして、氷刃クール最中の真空→炸裂といった明晰な判断。随所で光るガード。
火力の上がったエレマスの攻撃を全て避けることは叶わず、残りHPこそ2割近くまで削られましたが、見事勝利を収めていました。俺がここで割とマジで安堵したのは言うまでもない。


第2戦――マハーカーラvsりあ充爆発
2番手として来たのは男喧嘩。この時点で、次出るのは俺と決めました。相手の残りはクルセ。対するこちらはエレ。一番いい構図はエレvsクルセの圧倒的有利試合を成立させること。つまり、マハーカーラさんが敗れた後、俺が男喧嘩を倒す、またはクルセの削りをする役回りにつくのが最善。
まぁマハーカーラさんが男喧嘩も倒した場合、俺がクルセのHPを削れずポーションに成り果てる可能性もあるため、状況の変化によっては、この次俺が出るのが絶対確実とは言えませんでしたが……

この試合でもマハーカーラさんは相変わらずいい動きを見せ、かなり相手のHPを削りましたが、残りHPをニードルスピンで刈り取られて敗北しました。
試合中にプリンさんに伝えておいたため、競合することなくレディーする俺。


第3戦――フィルゼアvsりあ充爆発
割と相手の残りHPが少ないため、とにかくニルするなりで削ってしまおうという感じでした。
大会で耐性つけるのも興醒めな気はしますが、プレッシャーに勝てずアクセだけつけてました。まぁ今は異常の確率が上昇してるから、一概にも攻められないところだが……

開幕は攻めたりはせず、ひたすらキャストに専念。途中でフラグレに相手が引っ掛かってましたが、分身で位置がよく見えなかったため追撃には失敗。
その後は飛んでくる投擲を見ながら相手の距離を測り、暢気にランド。段々詰めてきたのを見て、リボRSが刺さるゥ! リボいいよリボ。立ち回りにおける評価は、若干距離短めで速度が使いやすいマスケみたいなもん。
ここから凍結気絶絡めてワンコンで沈めたかったですが、うまく嵌らずクロスとブロックの相打ち。硬直が解けたあとRSを撃ちましたが、シュンポ蹴り上げのHAに負ける。この結果は仕方なかった。
そしてワンコン貰いますが、最後のグランドキックは回避。QSした気がするけどよく覚えてない。
その後はクールが明けたニルスナで安定の〆。2発目はもしかしたら、シュンポされてたら当たらなかったかも。


第4戦――フィルゼアvsタケノコINアワビ
開幕はお互いキャストしてからの開戦。昇天に対してRSが上手く当たりましたが、恐らくこれはマスケだったらHA受けされるか、昇天を避け切れなさそう。リボつええ。
そこからBBQで横撃ちのコンボを試みるがスカる。これなんとかならないものか。プリ系列でよくなる気がするが……
更にQSされ、ほとんどダメージを稼げないかと思いきや、いいところで冷凍の凍結が発動。更にグッドタイミングでRSが刺さる。そこからマイン置いて更なる補正切りを図るも、気絶せず。起き上がりに合わせたフリグレも凍結せず。
そこで相手は神聖キャストするわけだが、ここで俺は残りのグレ2種をアッサリ使ってしまっているので、結構ヤバイ時間が始まる。が、丁度マインの気絶が発動してくれたので難を逃れる。
その後も壁を上手くかわしたりするが、画面下で空斬に引っ掛かる。幸いコンボスタートは免れたが、起き上がりによく考えずにフリグレ下投げした所為で昇天に引っ掛かる。この昇天は見えてたため、思考停止フリグレしてなければ充分前か後ろにかわせた。まぁ、出来たとしてもその後の状況は厳しかったかもだが……
そしてワンコンで終了。


第5戦――§ウォータープリンvsタケノコINアワビ
エレクルセという、圧倒的有利の構図。が、こちらが最後の1人であるのも事実なので、割と緊張して観戦していた。
……が、なんか気付いたらタケノコさんが瀕死だった。そのままかなり呆気なくウォータープリンさんが勝ちを収める。
これが職相性だ……!


・第2試合
vsみゅーざん(尊3ポン)・OMANGE_MANGE(小覇王クルセ)・ぶおーど(覇王阿修羅)


今回はクルセ以外なら充分レディーを押していける職。
しかし、何を隠そう、このパラリーさんのクルセが、最近なんとなくクルセに苦手意識を持っている原因。どうにも勝てない。
だからこそ、やはりクルセはプリンさんに任せたかったというのが本音であった。


第1試合――フィルゼアvsみゅーざん
パラリーさんがレディー押してないのを見て、こちらもレディーする。内心、寸前で滑り込んでこないものかとヒヤヒヤしてはいたが。
結果、相手はポンマス。相手として不足はないが、嘆くほどでもなし。尋常に勝負。
開幕、即断空やチレツで攻めてくることはなかったので続々とキャスト。接近してくると思ったところでクロスモアで押し返す。続いて最初からグレを当てに接近していく。
このグレを外したところで、相手がアッシュした場面でミルランドしてますが、結構これは危ない行動だったかもしれない。うん。
アパスラしてきたところはジャック受け。ただ、かなりギリギリというか危ういタイミングで出したので、カウンターには繋がらず。
相手がジャンプしたところにクロスが当たって撃ち落とすが、この後の最善の選択肢はミルマッハだった。が、起き上がりに重ねたフリグレがいい具合に凍結してくれたので結果オーライ。コンボスタート。
RSがクールでないため、コンボ内容は最近のメイン形式であるBBQ→RS冷凍マイン。しかもナイスなことに壁際。
フラグレも入れてダメージを稼いでマインコンしたところ、気絶が発動。ちゃんと見てから通常グレ投げで補正切り。更にRSで浮いてダメージを稼いでいくが、フリグレを使ったところはちゃんと地面に着いたのを確認してからクロスモアするのが最良手だった。これが出来ていたら間違いなく10割出来ていたはず。
その後は冷凍の短い凍結と上がったリカバリから断空で突っ込んでくるが、前に出てくることを考えて下に投げていたフラグレに引っ掛かる。更にBBQも出すことに成功するがスタック。これが出来ていたら10割(ry
マッハを入れておき、ヘイスト方面にマインを置きながら離れるが、読まれていたため生レッパに当たる。位置的に幸いマインが働きコンボ妨害に成功するが流心は痛い。ダウンした相手にマッハミルしておく。
QSした相手にフリグレを置きにかかるが、相手は起き上がらない。その後に何故かジャックしにいってるがこれは明らかにおかしい。アパスラやチャークラだったらワンコン貰ってるぞ多分。幸いチレツだったため、QSで回避。
そこからは安定のニル。コンボの応酬からの突然のニルは中々避けられんぜ。


第2戦――フィルゼアvsOMANGE_MANGE
見事、戦いたくない相手が出てきたぜ。
取り敢えず最初にクロスクラッシュ飛ばしてくるのは知っているので、軸と距離に注意してキャスト。寄ってきたところにモアからグレを撒くいつもの戦法。2個目のフラグレが引っ掛かるがコンボは無理。
ヘイストを取りに行ったところで綺麗に空斬に引っ掛かるが、マインが仕事してくれたためコンボスタートは免れる。その後壁に対しフリグレするが凍らず。が、壁も空斬もなんかいい具合に当たらず、しかもジャックが入る。地味にここはなんかすごい場面だった。
……が、うまく指が動かず、BBQ失敗。おいおい。その所為でQSする暇を与えてしまう。
起き上がり潰しを試みて通常連打するが、これもおかしい。悪くはないが、位置が近すぎる。バクステしてからするべき。しかも、通常Cグレ2回の後にしたのが何故か通常Cマッハだし。マッハの気絶にゃ期待できんぞ、おい。
幸いにも槍神聖ラキストは回避に成功したが、逃げ切れず再び空斬の餌食に。壁槍も回避に成功したが、フラグロを置かれたりで割と苦しい状況に。でもなんとか脱出に成功。
もうHPがこの時点でなかったため、少しでも削ることに専念。よくやる下のタルの横でニル発動。避けられないように若干もったいぶって、よく動きを見て3発きっちり当てる。ぶっちゃけこの時点で俺の仕事は終わったといってもいい。1殺+削りというわけで。
この後は自分が下側というわけで、有利な状況。ミルを狙っていく。よく分からん正義の裁きにフリグレするも、まぁ当たるわけがなし。
フラグロしたところにリボRSがナイスなヒットを見せるが、なんかモチャモチャしててダウンコンに繋げられない。まぁフラグロあったからどっちにせよ無理だったかもだけど。まぁせめてマッハを入れておく。
そして相手が画面下側の状態で、迂闊なグレを空斬で狩られる。壁をスカっていたから、もっと慎重になっておけば充分攻めどころではあったかもしれない。でも神聖クールがすぐ開ける状況でもあったか……
無論死亡。そしてHWの回復量が洒落にならない。


第3戦――§ウォータープリンvsOMANGE_MANGE
そしてここでエレクルセ再び。職相性に恵まれた試合展開だったというのは事実だね、今回。
まぁなんというか、火力の上がったエレが猛威を振るう。HWで回復してそこそこあったHPもあっという間に削り取る。
いや、なんかエレとなるとどう試合のことを書いていいかイマイチ分からないんだ……


第4戦――§ウォータープリンvsぶおーど
エレと阿修羅の相性って(ry
試合的には、見直すと結構随所でヴォイドが光ってる試合内容だった。ダウンコンを妨害されるのは阿修羅としては辛いところだろう。
マハーカーラさんの登場を待たずして勝利。


・第3試合(準決勝)
vs+片翼+(闘神男レン)・ミラクるん♪(6段女グラ)・ゾックゾクやろ(小覇王女スト)
ScreenShot02931.png
AKを連発している片翼さんがいる強豪チーム。なんか読み込みの時点からやたらとアグレッシブで、おkですを言う前に殺された。なんて血気盛んな。確かC4だかBBQだか、出してない技がまだあったんだが……もうちょっとゆっくりやろうぜ……
あと、試合の2,3分前には毎回練習モードでコンボを地道にやるということをしたりしてましたが、3回戦ということでさすがにそれでは緊張が取れ切れなかった感がある。割と観戦にも身が入ってなかった。いや言い訳と取られそうだが。


第1戦――マハーカーラvsミラクるん♪
空中連続切りと鬼門が活躍していた印象がある。以上。
マハーカーラさんが余裕を持って順当に勝利を収める。


第2戦――マハーカーラvs+片翼+
とにかくマハーカーラさんが苦しそうな試合であった。
中々阿修羅の始動を掴めず、無双波で凌いだり、チレツも始動というより相打ちにしかならない場面が多かった。そこにミルマッハや乱射の削りが蓄積し、ダメージレースで負けた感じだった。


第3戦――§ウォータープリンvs+片翼+
エレの一撃も痛いが、布職に取ってはキャノンの足技もかなり痛いというのがよく分かる試合だった。
1割以下まで削られるも、ギリギリのチリングでプリンさんが辛勝。


第4戦――§ウォータープリンvsゾックゾクやろ
開幕からゾクゾクさんが突っ込んでいく、そこから終始攻めに徹し、HAからQSをスプレで狩り、プリンさんの残りHPを刈り取ってゾクゾクさんの勝利。


第5戦――フィルゼアvsゾックゾクやろ
これに勝つことが出来れば勝ち上がれる。そんな重要なワンシーンですが、もうね、まさに『為す術がない』とはこのことですよ、うん。
もしや開幕から突っ込んでくるんではなかろうかと思ったら、案の定接近してくる、いきなり攻撃こそしてこないものの、非常に嫌な位置。手榴弾にも反応できる、RS無理、モアしようものなら疾風で狩られそうな危険な位置取り。
出された分身の上半分を手榴弾で壊したのはいいが、下半分をミルで壊しに行こうとしたのは間違いだった。相手がキャストしてる間にモアの間合いを探るべきだった。仰け反ってるところにミューズが刺さる。ジャック受けは反応できたものの、残念ながら負け。ジャックに関しては致し方ないが、HA前にワンコン貰うというのは滅茶苦茶辛い。
コンボ後はフリグレを装填し、なんとかHA前にこちらがコンボ仕返したいところであったが、上手い感じにちょこまかされてミル当てに行くことも不用意な一手になりそうな状況。HA後の金剛砕には辛うじてフリグレを合わせる。解凍後にパニが当たるかと思ったが、やはりそれこそ不用意な一手であった! 絶望の疾風スタート!
再び手痛いワンコンを頂き、虫の息の中、起き上がり金剛狙いか通常連打で距離を離してくるのを予想し、フリグレを横に投げてみたが、まさかのスプレ。無情に敗北。
お前ダメージ与えてなくね? という程の一方的なゲーム。まぁ事実スピは女ストを相手取るのはきついし、中身的な意味で相手が悪かったってのはあるっちゃあるんだが、しかしもうちょっと頑張れよという感じではあった。まぁ例えコンボ始動を凌げたとしても、開幕3秒から間合いの取られ方がいやらしすぎる感じだったので、試合を続けても苦しみしか見えなかったであろう。文字通りの完敗。だがお互いのチームのラストメンバーであった以上、どうにも不甲斐ないという思いは拭えない。




というわけで、なんとベスト4入賞! 聖病とかヒナさんが割と突発的に開いた大会を含めても、いう程大会に出たことない私ですが、この結果は無論のこと最高位! ていうか大体大会とかほとんど最初の試合で負けた記憶しかねぇ!
当然ながら、マハーカーラさんとプリンさんという、強力な味方がいたことが最大の勝因でしたが、うーむ、嬉しさもひとしおといったところである。一応俺個人でもそこそこ働けたし。


特に長々と書き連ねたりはしませんが、他のチームの試合でも数々の見どころがありました。AKや大逆転、初段インファチームのネタと名言に満ち溢れた試合など、注目すべき点は数多でした。
サモメカ関連でコメント欄が中々に荒れていたのが残念だったけど。とはいえ、今回の大会、職構成的にイマイチ優勝チームと勝負できるチームが少なかったというのはイマイチでしたね。特にサモメカという極端な職故、試合前になんとなく勝敗のあたりがついてしまうというのはいかにも興醒め。そういえば今回はランチャーが1人もいなかったね。


最後の試合についてこそ悔しさを隠せませんが、非常に胸躍る大会でした! 出ようか出まいか迷いもしたが、やはり出てよかった! 必ずしもいいとは言いませんが、やはり決闘をする以上、大会というものの存在は大きい!
今回は即席チームながら、マハーカーラさん、ウォータープリンさんにはありがとうございました。






そんな感じで2012年度の更新は終わります。
最後の記事で、狩りもいいですが、決闘も楽しいという記事が書けてよかった。そう、まるで弾もいいがニルスナもいいジェネラルのように……(いいことを言おうとしてる感じ)


今のところ達人より上にあげるほどの気概はありませんが、ぼちぼちやっていきます!
rank4.png
2013年もよろしく! それではアディオス!
スポンサーサイト

[edit]

page top

時間の扉・妖精の森を襲った魔手-大火災- 

2012/12/26
Wed. 20:30

どうも。


更新するとか言っておきながら普通に何日も経過してしまいました。うむ、記事を書いてる最中や画像編集してる最中は結構楽しいんだけど、ファイル名を変更して整理したり、記事を書き始めるのがどうにも遅い性分です。最悪ですねこれ。


というわけで、Season3、時間の扉最初のダンジョン、「大火災」について特集いたします。折角なので1つ1つこういう形で細かく取り上げて行こうと思うのですが、いやぁ途中で頓挫するかもしれませんね。だって大火災とか言いつつ既にその先の伝染病を飛ばし結成!カルテルを飛び越え黒き聖戦を踏破して現在極秘地域だもの。この記事と比べどんだけ先に進んでるんだっていう(´・ω・)


さて、しかしまず最初に入るダンジョンは「妖精の森」。火災に遭う前の森です。
アラド初期から超重要キーワードな"転移"について探るのがシランの目的です。
ScreenShot02892.png
最初はシランさんがついて来てくれますが、時間の扉を開いた状態で自分が出張るのは消耗が激しいということで、2回目以降は同行してくれません。
といっても妖精の森はボスもネームドもいない上に短いダンジョンのため、加勢が嬉しいってほどでもないんですが。
ScreenShot02893.png
さて、この妖精の森に入ったのはある妖精の少女に会うためなのですが、この少女は……!?

ScreenShot02895.png
名は教えてくれませんが、どう見てもあの人ですね、はい。
同時にこの時、大火災のボスでもある獣王ウムタラがお目見え。タウキングシャウタもそうですが、このウムタラ、いわゆるただの魔獣、モンスターではなく、かなり話の分かるタイプのお人、もといおタウです。
この際も冒険者たちが変なことをしないなら特に何もしないと言い残して、何か騒動があったという西の森へと向かっています。


というわけで遂に大火災へと突入。
アラドフォルダの中にある道中BGM名は『t_chaos_begin(conflagration)』。最初のtというのは、時間の扉ダンジョンの音楽ファイル全てについているため、Timeの略でしょう。
そして、Chaos begin。まさしく混沌の始まり。燃え盛り炎上してエライことになっている森の雰囲気と非常にマッチしています。
ScreenShot02907.png
出てくる敵はタウやオークなどですが、妖精の森では一時一緒に戦ってくれる妖精らからも攻撃を受けます。その理由はといえば、冒険者たちが火をつけた犯人と誤解されてるからですね。まぁ胡散臭いしナパーム弾とか平気で撃ちますしね
ってか1部屋目に思いっ切り放火の犯人がいるんですけどね。姿はサザンデールに出てきたグリムシーカー女信徒と一緒なのですが、これが火炎瓶を投げさせるために流用したのか、実はグリムシーカーが絡んでる設定なのかが非常に気になるところではある。
ScreenShot02896.png
それにしても、この妖精可愛すぎ。これは話題になるかなぁって思ったら案の定、アップデート直後すぐ萌えスレで話に上ってました。
ただし敵としては結構ウザイ部類に入る。このなんかの変身モーションみたいな風を起こす攻撃は多段HITしてすぐ動けないし、拘束効果にしてくるボーラなる飛び道具が結構正確な狙いでウザイ。
ScreenShot02902.png
オークたちは大したことない雑魚敵ですが、ネームドは炎を使ってきて中々厄介なところがあります。ていうか思いっ切り敵が炎利用してるのはどうなの。
オークが現代においていないのはたまたまなのか、それともこの大火災で絶滅したということなのか、果たして真相は一体何なんだろうか。


そしてボスはウムタラさん。といっても正気を失った状態の彼とのバトルという形になります。
ScreenShot02897.png
何やら怪しい女に遭遇し、その際に何らかの術をかけられた模様。まぁボスとしてはそこまででもないです。感覚的にはボッティレベル。


ボスの曲ファイル名は『t_rage(conflagration_boss)』。そこまで苦戦するわけでもないし、道中の方が個人的には印象が残るかなぁ。
しかしrage(激怒)って誰のだろう。ウムタラさんは一応正気を失っているんであって、別に放火したわけでもない冒険者たちにマジギレしているわけではないと思うんだが……


というわけで、その怪しい女を探しに行きます。
ScreenShot02899.png
と、アッサリと見つかる怪しい女。ボイスで「これで、使徒を転移させることが出来ます」と言っています。
そう、森に火をつけることによってヘンドンマイアを覆う魔法使いマイアの大魔方陣を弱体化させ、転移現象を起こすことがこの女の目的なのです。ここで話が繋がりました。


そしてここで明かされる、アラド大陸の地味に驚愕な事実。
ScreenShot02898.png
そう、天界が言わば空の上の世界というわけではなく、天界=地上という位置づけだったのです。ここで各地域の分かりやすい図解を世界スレからコピペ。


       ,,,.;;:;ii''''ji;;;;,,,...、
       ;-''~^:;''~^:;''~~^'i:、';.
      ';ヽi~П=ロ=ロ=__,.:;i
      _/i~~i.m,|_|m,||=,n,,h、
    _/i~|m|_|ППП|..|n||m|h
   . |,-''~^、、   i, / , , _,,┘
   ';,. ~^'=、_ =='''''''''',''==i-'  ;'" ← 魔界
   ,;..;;'"'';.;、.;''=,,,_,',,='~;..'"``"';,'
         ェェェェェ
         |ロロロロ|
 ~ ~~ ~ |_|_|~ ~~ ~ ~ ~~ 時空間の境界
         |ロロロロ| 
         |_|_|
         |ロロロロ|←死者の塔
         |_|_|
                           / ・丶
                          (゚Д゚>)⌒\ ←アントン
                          ⊂| ⊂x#|
                           丶_\x人 
,,/^ヽ,-''"::::\::::::/:::::|i/;;;;;;/::::;;;;ノ⌒ヽノ:::::::::ヽ,_Λ:::::::::ヽ,_Λ
;;;;;;:::::;;;;;;;;;;:::::;;;;;;::/;;;;;;:::::::::;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::;;:;;;;::::;;;;:::::::;;;;::ヽ←天界

                                     ))
                                     / ←ガンナー
                                    /O>

          (U-ω-)わん・・んお・・・
        _lエエエエエエ,i_                    ヽ(゚Д゚)ノ
          | ロ| ロ | ロ | ロ|                     ⌒Y⌒
        | .|  .|  .| .|                      |
        | ロ| ロ | ロ | ロ|               (Y)   / ̄ ̄ ̄\  ←ベヒモス&ロータス
        | .|  .|  .| .|               |(_/    ゜゚Д゚ヽ         
 ~~~~~~~~~~|.=========.|~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ←ミドルオーシャン
 ~ ~~  | ロ| ロ | ロ | ロ|~ ~~ ~ ~ ~~ ~~ ~ ~ ~~ ~~ ~ ~ ~~ 
          | .|  .|  .| .|
          |.=========.|
          | ロ| ロ | ロ | ロ|  ←天城
          | .|  .|  .| .|
          |.=========.|
          | ロ| ロ | ロ | ロ|               _,,,  
          | .|  .|  .| .|              _/::o・ァ       ∧_∧   
          |.===門====.|            ∈ミ;;;ノ,ノ      ( ☆ω☆)       
^''''"'"'"~'"'"''"'"'"''"~"""'"''"'"'"''"'"'"''"^''''"'"'"~'"'"''"'"'"''"~"""'"''"'"'"''"'"'"''"←アラド大陸
::::::::::::::::::::::::::_________::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::/             \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::::::/     ∧,,∧  ∧,,∧    ヽ、::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::/   ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧ |::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::i  ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )  i ←ハンマー王&ゴブリン王ゴルゴ&サヤ王女
::::::::::::::i  | U (  ´・) (・`  ) と ノ  i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
::::::::::::::i   u-u (l    ) (   ノu-u  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::\     `u-u'. `u-u'    /:::::::::::::::::::::::::::::○┼< ←神官ジグ
::::::::::::::::::::::\_________/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


魔方陣が消えたらアラドがヤバイということで、ウムタラさんは妖精たちに天城を通じて天界に逃げることを提案します。
しかし、そんな中過去のセリアは魔方陣を修復することを計画します。
ScreenShot02900.png
妖精たちもタウたち森の獣同様、人間たちと直接的に敵対しているわけではないものの、特別友好的なわけでもありません。当然のごとく反対の意見も噴出します。
ScreenShot02906.png
それに対しセリアは、自分たちが危機に陥った時に自らを犠牲にして救ってくれたのは人間のマイアだった、今こそその恩を返す時だと話します。妖精の長老カウィレルもそれに同意し、魔方陣の修復が始まります。
ScreenShot02901.png
そして己を犠牲として魔方陣を修復した妖精たち。それがこの白い陣なわけですが、これを見たときは結構感動した。
道中にも幾つかこの陣があるのですが、破壊できるわけでもないし何かバフ効果があるわけでもない。一体何なのかと思っていましたが、恐らくこうして妖精たちが身を賭して作り上げた魔方陣だったのです。ドラマがあるぜ……(´・ω・)


そんなわけで、ここから怪しい女の痕跡をひたすら追い続ける旅路が始まります。次なるダンジョンは、伝染病。
ディレジエによる疾病が最も蔓延っていた当時のノイアフェラです。


以下普通の日記。


キャップ解放前の貯まった経験値UP薬を有効活用出来ないかということで、一番レベルの低いシーフに与えてみた。
数が大したことなかったので、使用レベル制限の20から22くらいにしか上がらなかったけど。ついでにちょっと狩りしてみた。
ScreenShot02911.png
スキル名もサッパリ分からないまま実装から数週間で倉庫と成り果てたシーフをローグに転職させましたが、中々学ぶことも多い……とかなんとか言ってたらプラタニさんがポロリした。
ScreenShot02910.png
そのまま連したらなんとまたもやボスユニ。おいおい。
ScreenShot02913.png
その数十分後、ヘブンエクスペラーからもドロップ。おい。
……もしかしたらこのローグを本気で育成してヘル要員にするべきなのかもしれない。


やったよー、ジェネで解体時色Qフィーバー100回の称号ゲットしたよー。
ScreenShot02928.png
中々入手までの道のりは長かった。ヘルとか行くと結構効果あるんだけどなぁ。通常の狩りだけだと凄まじく時間がかかる。
これでようやくなんか炎がメラメラ燃える感情表現ゲット。そこまで無理にやる気もないけど、称号ブックはやっぱ出来るだけ埋めてみたいよね!


死亡の塔が経験値ウマイ。ポーションが貰えないし、混沌の魔石はもう要らないし、業績はもうクリアしてるしでそれ以外の旨みがないのがちょっと惜しいけど。
ScreenShot02919.png
物理だとクロスモア1発で大体終わります。シークレット3セットも揃えておいたので、クールもいい感じ。開幕1秒でありふれた鬼剣士が死亡する。最速クリア25分だったスピは何処へ……
レベルキャップ解放で地味に養殖の需要もあるので稼げます。回数は最大5回から3回に減少したけど、大体2m~3mの報酬が見込めますぜ。


神風3SETを求めて日々異界に通う農夫。そんな農夫に神は微笑んだ!
ScreenShot02926.png
神風の懲罰ネックレス!
※靴&ネックレス……業績クエストで貰える部位
あのさぁ……


エンシェントエルルン売れた。
ScreenShot02920.png
やはり魔法攻撃発動という特色故だろうか、それなりに安定した値段。うめぇ。余談だがララミスを見たら20mちょっとだった。うーん、どうしよう。
スピってハイブリ職の宿命ということで、どうしても力知能両方ともそこそこの値になっちゃうんだよなぁ、それこそ増幅でもしない限り……
だからどうにも%増加とは相性が悪い。それでも100以上知能は増えるが……どうなんだろうね。
まぁララミスやシャイミスはともかく、新年称号をジェネに買おうか迷い中である。クリは幾らあっても困らんしね。


☆絶望の塔☆
・ジェネ
50F→ドッペルゲンガー江頭
ScreenShot02914.png
プリのドッペル。プリは当たったことあっただろうか。うーん、分からん。
プリも割と強めのキャラ。うっかりハリケーンに吸い込まれれば大ダメージを免れません。でもまぁ凍れば大したことないんじゃないかな、うん。


51F→静寂なJ
ScreenShot02916.png
前回散々苦労させられた彼がまた来たァ!
ScreenShot02917.png
今回は失敗せずに1日でクリアしましたよ流石に。でもやっぱりこいつ移動速度速すぎ。よく考えずに逃げ回ってると、セカアパやマシンガンに簡単に捕まってしまいます。


62F→怪声のカシュ
ScreenShot02918.png
どう考えてもこいつ、メインのレイヴ吸い込みより、サザフの方が看板だと思う。ダイソン自体は割とゴミのような威力であるけれども、サザフはごっそり減るもの。しかも割と回避しづらいし。


63F→以氣御剣 ファンメリャン
ScreenShot02922.png
でっかい落下してくる剣は派手なんだけど、いかんせん回避しやすい。というわけで、実は一番面倒なのはぐるぐる回って追跡してくる小さい剣だったりする。移動もキャストも攻撃も妨害されてしまう。


64F→魂霊師ナミエ
ScreenShot02925.png
良く考えずに物理で行ったらメッチャクチャ苦戦した。3回死んだ。魔寄りハイブリの方がよかったのかなぁ……


65F→キャンディーズ
ScreenShot02927.png
スーパーウザウザタイム。マイン置いて時間稼いでニール先生にお願いだ!


・農夫
44Fのモシスで3日間くらい失敗させられてから通うのを忘れていたぜ。
召喚に頼れないのが滅茶苦茶辛いんだが……しかもあいつ、こっちが攻撃した後離れようとしても剣風かわすの間に合わないし。
遅かれ早かれ農夫はいずれ詰む気しかしないので(真阿修羅とか)、絶対踏破したいというわけでもありませんが。まぁぼちぼちやっていきたいとは思うけどさ。
……アベさん? 復讐で泣きを見て以来部屋から出てきてないよ?(・ω・`)


クリスマス? ……なんだそれは?
rank4.png
あまり活動内容との幅が開かないうちに更新していきたいね!(願望)

[edit]

page top

Time Gate is opend 

2012/12/19
Wed. 19:44

どうも。


というわけで、アラド戦記の時代はSeason3へ! 時間の扉が開きし時、来たれり! 待望は今ここへ!
とかいいつつアップデートから1週間経過してますはい。書くことが多いので小刻みに更新したかったんですが、色々やってたら後回しになった感じです。いけないですね。


ジェネは順調に育成を続けており、まぁ2日でカンストとか化物じみた真似は出来ませんが、聖戦に突入出来るレベルまで上がりました。うーん楽しい。
が、ダンジョン1つ1つでも結構尺を取りそうなので、取り敢えず後回し。まずはアップデートについて必要そうな部分だけ取り上げて特集します。


……の前に1つ。
前回の記事ですっかり触れるのを忘れていたのですが、ブログ右側にパーツを設置しました。
公約付オンゲ人気投票のブログパーツです。ここから直接投票できます。
1位で女鬼のアバ、5位以内で農夫さん再来なので、奮って投票しよう! 1時間間隔で投票可能です。残り期間1週間切ってるぜ!
何やらBOT投票防止みたいなシステムが追加されてる辺り、哀愁を感じる。


まぁ公約というとアラドでいえばバーニングがどうとかアイテムがどうとかいう感じですが、Master of Epic:The ResonanceAge Universe(いわゆるMoE)の公約には笑わされた。

☆人気 or 熱狂度ランキングいずれかで1位獲得☆
・去年爆発したクリスマスの無念を晴らすため、バレンタインに死を以て償わせる


最初はゲーム内のシステムとかと関係があるのかと思いましたが、どうやらそうでもない様子。こういう遊び心は面白い。でも実際どうやって実現するんだろう……
ちなみにどんなゲームかは全く知らないぜ。




というわけで、時間の扉の話です。
jikan_no_tobira.jpg
SeasonⅢ.時間の扉|アラド戦記
珍しく数時間の延長で終わった大型アップデート。変更点は挙げて行けばマジでキリがないので列挙したりはしませんが、INした瞬間から変わった点は幾つも幾つも。
ScreenShot02870.jpg
・リンクシステム廃止→アラド冒険団実装。自分はノイアフェラ冒険団だった(能力値+70)。
・何故かセリアさんの声が変更。若干大人っぽく
・セリアがかけら100個+ゴールドでキューブを販売しているが、作った方が安上がり


冒険団はサブにとって大きいですね。特に初期のキャラにとって力知能がこれだけ上がるのは絶大。勿論、メインにとっても大きなステータス上昇になりました。
他にも支援兵だの何だの、腐るほど言及すべき点はありますが取り敢えず異界関連をば。


・クロニクルなど改変
ScreenShot02871.jpg
異界入場レベルが全て70、2次異界入場回数が2回、そして2次クロニクルが70レベルになり、能力値・抗魔値も3次と同等になりました。
これで2次が抱える抗魔の低さというデメリットはなくなりました。通常も全て強力に置き換わり、2付与でなければ3次のメリットはほとんどなくなってしまいました。


これでB面の強力一撃ニールが文字通り最強になりました。アクセは3次なのですが、こうなるなら2次の通常一撃ニール取っておけばよかったのか……くそう。
2次武器もこれでかなり強力なものとなりましたが、既に代わりとなる武器が手元にあるのでわざわざ強化したりはしませんでした。ソウルだけやったけど。


・スキル関連
ScreenShot02878.png
・スキル画面が大幅に変更。各職転職官のところに行く必要もなくなり、前提スキルなどのもツリー状に表記。
・また、以前とは違い確定ボタンを押すまでは決定されないため、スキルシミュいらずです(最終的なSP構成については別だが)。
とまぁ、SCやロックなどの管理については前の方が楽だったと思いますが、非常に便利になりました。前提スキルも減り、死にスキルも減少。
……しかし、無料でスキル振り直しが出来るようにはなりませんでした。さすが我らが運営だぜ! ちなみにTP変更本が削除されたので、そちらも迂闊に振ってしまわないように(´・ω・)


・ジェネ変更点
・マスケットマスタリー……新規スキルとしてマスケット使用時に攻撃速度/クールタイム/連射数に影響を与える
・ニルスナ……キャンセル機能追加
・マイン……暗黒状態異常を誘発する機能追加
・C4……付着時、物理防御力が減少する機能追加
・残弾表示がされるように
・バスターショットが通常攻撃からキャンセルできるように


とまぁ、非常に大きな性能の強化がされました。ニルスナキャンセルは大きい。犬のギミックなどでは勿論、通常Dでも便利です。10発も撃たずに3発くらいで片付く部屋であっても、クールに余裕があるならバリバリ使っていけます。
マインとC4はまさに物理スピ強化といった感じですね。バスターショットは……うん、そうだね……


そして一番の目玉はマスケマスタリ!


・マスケットマスタリー
masukemasu.png
Lv10(M)
・攻撃速度28%増加
・発射数3増加
・スピスキルクール14,5%減少

今までのマスケが嘘のような速さで撃つことが出来ます。貫通力などについては勿論のこと優秀なマスケなので、その強さは言わずもがな。
そして見逃せないのがスキルクールタイム減少。クロスモアなどは当然のこと、ニルスナにも適用されます。ニール先生が生命線な私はAB両スタイルでMにしました。
ちなみにMにするだけでニルスナクールが45秒から38,5秒に。撃つ前にちょっと持ち替えるだけだし、ウマすぎるぜ。


・農夫変更点
・潜龍……最大マスターレベルが増加
・段層地撃……攻撃速度増加、衝撃派が近距離攻撃判定に変更
・巨旋風……遠距離判定から近距離判定に変更、維持時間増加
・大回転撃……倒れている敵を打撃できるように変更
・闘気発散……力/知能の上昇値増加
・制圧札……領域範囲内の敵の火属性抵抗力減少機能を追加
・空の式神 - 白虎……領域範囲内の味方の攻撃速度増加機能を追加
・成仏……打撃時、敵の物理防御力減少機能を追加
・大空の遠い星……周りの敵を引き寄せる機能追加


今までの札スキルなどはあくまでも補助、というよりそれらも駆使しながら耕すスタイルになりました。
基本物理スキルも軒並み強化され、幅も広がりました。空斬と潜龍をMにすれば、割と手軽なSPと短いクールの火力スキル・空斬打が完成するというのも新しい。



とはいえ豆腐スキルを使う農夫というと、キャストタイムの遅さが気掛かり。しかし問題ない。レベル1の時点ではキャストタイムはほぼなし。不屈の意志より更に短いです。
しかもレベル1の時点で相手の防御や抵抗減少の効果はMと変わらないため、農夫ストレスなく使っていける。
ただし制圧札を効果的に使うとなると、どうしても耐久の面から上げざるを得ませんが。まぁ農夫にとっても相手の鈍足化は大きいので上げるべきでしょう。
しかも、各種スキルを自動で通常攻撃からキャンセル出来るため、1振りの成仏を通常の合間に挟み込んで使っていけるぜ! これがまた楽でいい。
……まぁここで敢えて愚痴を言うならば、覚醒が%化して弱くなった気がしないでもない(´・ω・`)


ソウルなどについてもそれなりに改変はありますが、やはり保有キャラで特に目立つのはこのハイブリ2職。より楽しめそうだぜ……!


・決闘関連
決闘場に吹き荒れる嵐、そう、バグの嵐!
・鬼・女格のSPが勝手に振られた状態(級時点のような感じ)に
・SP無限のキャラが居る
・マッチングした際の初戦、画面右上の相手の顔グラが無アバ状態でいつもの反対を向いている
・オブジェクトがバグっており、REDチームのみ壊れ、BLUE側からは壊せないオブジェとして残り続ける
→RED側は壊した後はオブジェクトの上を通れるため、BLUE側から見ると度々瞬間移動して見えることがある
・クルセのフラグロが気絶しないらしい
・何もないところでマウントを出すと最後のクレージーバルカンが発動する(仕様?)
・1次職マスタリが削除され、革ラン・未転職キャラが死亡
・ヘイストが重なった状態で複数発生する。ただし取っても適用されるのは1つ
・立ちコン補正復活


とまぁ、いい点も入り混じってますが、結構致命的なバグが複数あります。しかも放置されてる。さすがはネクソン! 別に痺れも憧れもしないわけだが!
基本的な点としては、レベルが80になり、火力・HPともに上昇しました。また、SP自体にも結構余裕が出るように。
が、火力の上がり方がヤバイ。特にランチャーやエレマスにおいてはそれが顕著で、ちょっと陽子当たっただけでごっそり持ってかれます。以前から威力は高かったですが、その比ではありません。
立ちコン補正が復活したことで、対エレマス戦でホイホイフロストに引っ掛かったりしてるとすぐに強制ダウンが起こります。よく考えて行動しなければならないでしょう。
また、スキルレベルの上限が上がったことで、レベルを上げると範囲や移動距離が延びるスキルは更に強力さを増しました。


さて、本職のスピですが、マスケマスタリやフラッシュマインの暗黒など、今回の改変点は一切決闘では使えないものの、明らかに強化されています。単純にグレの範囲が広くなった他にマインの持続時間延長など。
そして、冷凍弾の凍結率がエグイ。以前も冷凍弾の凍結コンは不安定ながらも強力でしたが、今の凍りっぷりはまさに凶悪の一言。
メスピの方は地味に弱体喰らってますが、ジェネは弱体なし。全体的に火力が凄まじいことになっている煽りで、モア・ニールの威力も恐ろしいことに。特にニールは簡単に強制ダウンが起こります。


そして、地味に各1次スキルが自動的にキャンセル出来るようになったのが中々便利。まぁスピの戦闘スタイルだと正直そんな使わないんだけど。でもCクロスモアが予想以上に便利でした。
暫定でA面に振ってみたスキル振りはこんな感じに。不屈はキャストが1秒になり、古代くらいになったのもあって切ってみた。
火炎は使い物にならなくなったのは女だけで、男は使えるみたいだけどなくてもなんとかなる。でも取るのもありだと思う。
そして冷凍が強いのでM。マッハはキャンセル可能になったし、ダウンを堅実に削っていくってのもいいんじゃないって感じで適当にやった。速射Mは横軸でマスケ撃つのが強いけど、使いこなせてませんぶっちゃけ。


結局アップデート後は各種バグもあるので1回も上級に行ってませんし、それなりに改善の余地はありそう。でもこれでも充分に戦えました。RSのレベルも上がって前は追いつけなかったパターンでも拾えたりと、とにかく強いぜこりゃあ。
まぁ、自分も相手もとにかくワンチャンゲーになりがちだが……(・ω・`)


・時間の扉ダンジョン
各種新規ダンジョンについては追々のちの記事で触れて行こうと思いますが、今回は最初だけを。
シランを軸に始まる時間の扉クエストですが、ダンジョンに入る前のクエで結構気合の入ったムービーが流れたりと、とにかく力が入ってます。
内容も"転移"をメインテーマの一つとし、ストーリーの根幹に迫る、アラド世界スレの住民とかならまさに胸熱な展開です。


さて。というわけでメインダンジョンを開くための時間の扉ダンジョンですが、これがなかなかに異世界全開でいい雰囲気。
ScreenShot02874.png
うん地形はといえば亀裂の流用なんだけどさ。BGMもこの静謐で、今までのダンジョンとは方向性が大きく違う、異質なものを感じます。
ScreenShot02875.png
ここは3部屋しかありませんが、出てくる敵もこれまた異様。あと地味に強い。攻撃喰らってみたら危うく気絶ハメされそうになりました。
ScreenShot02876.png
ボスはショナンのセリア部屋入り口右側にいる、あの獅子顔。最初は右腕と顔が無敵で、左腕→右腕→顔と順々に倒していく形となります。
不意に背後にワープしたりと、まぁそれなりに強いのですが、特殊ダンジョンでここにはランクが存在しないので、まぁ梃子摺るほどでもないでしょう。


こうして始まる一連の時間の扉。括目せよ!


☆絶望の塔☆
塔でのスイッチが滅茶苦茶重い。実に2秒くらい固まる。ちなみにPTでも重いですが、こちらは他人のスイッチングでラグる。なんとかしてくれ……!
・ジェネ
53F→眞サモナー ぽん
ScreenShot02880.png
特に何も考えずに入場したらカシヤース! でびびった。
今回も苦しみながらも、コイン2、3枚使ってニルスナで勝利。削りの量が多かったせいか知らないが、今回は復活後ニルスナ1回目で仕留められた。


54F→蟲使い クサノ
ScreenShot02881.png
相変わらず空気。でも地味に虫にキャスト何回か潰されたので、HAや拘束手段の少ない職だとちょっとめんどいのかも。

55F→兄弟でありライバル
ScreenShot02879.png
2部屋目に入る前にニルクール待ちが出来るのが大変便利。1部屋目はチマチマやりながらニール、2部屋目は入って速攻ニールですぐ終わった。

56F→小人のシャロット
ScreenShot02882.png
いや、小さいからなめんなよと言われましても、小さかろうと大きかろうと、気絶凍結両方通る時点でフリグレ切れるまで余裕でハメが続くわけで。HAHAHA。
ScreenShot02883.png
とか言ってたらーァ!
ScreenShot02884.png
お見事。いやまぁ、これ以前にシルバーストリームのキャスト5回くらい潰してるんだけどね。


57F→天下人ジガンテ
ScreenShot02886.png
相変わらずのでかさ。そして黙々と「……シュッ……シュッ」ってシュンポするのやめてください怖いです。
ちゃんと堅実に慎重に攻撃を重ねれば被撃はしないはずなので、割と強引にニルで削るという芸当も可能。かなり痛いけどさ。


58F→監視官フィラキ
ScreenShot02890.png
可愛いですね。だが気絶も凍結もする。弱い。


59F→3つのお願い-ザパー
ScreenShot02891.png
気絶し、凍り、位相変化がないということで、開幕から攻めまくれば結構召喚されずに済みます。フリートとかは一緒に巻き込めばそこまで害でもないし。


・農夫
42F→分身術の達人オロト
ScreenShot02877.png
なんか適当にやってたら勝ってた。この日はスキル振りがかなり様子見で、Qスキルも軒並み1だったりとかなり不十分なかんじでしたが、それでも勝てた。


43F→黒豹のロデム
ScreenShot02885.png
さすがに様子見振りでは無理だった。というわけである程度固めてから挑んで成功。うーん、こいつ、中々近接だと面倒。


以上でした。
rank4.png
続々と新要素について触れていく……予定。

[edit]

page top

2012-12