『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

アラド11周年、探偵と怪盗 

2017/09/30
Sat. 23:21

どうも。


おいおいもう11周年かよ。11周年記念地獄珠イベント
ScreenShot08352.png
ストーリー……というほど大層なものがあるわけではないが、話の流れはちゃんと前回のイベントからの続きからとなっているらしい。既に冒険者たちと面識のある状態で会話が進行します。新規で始めた奴? 知らん。
ScreenShot08355.png
案の定今回も、職ごとによって専用の会話が用意されている贅沢仕様。持ちキャラの分は一通り撮ったので、他職についてはまた後ほど触れる。スピは割かし素直というか、冒険者らしい受け答え。まぁ立ち位置的には善悪のどちらとも深く関わってないタイプというか、何かしらストーリーに関わる使命とか持たない類のバックグラウンドだし。
まぁ天界組は概ねそんな感じな気がするけど。良くも悪くも帰属しているのが、アラドストーリーの一部にしか過ぎない天界というのもあるし。
ScreenShot08359.png
カイリュウも健在。今回はエピック祈願という名で、事前に出て欲しいエピックの指定が出来る。といっても別に指定したエピのドロップ率アップとかはない(はずである)が、出た時のエフェクトが大きくなるらしい。ふーん、そう……
何も期待せずに90エピ武器とか指定して出かける。一応公式によればドロップ率高めらしいが、まぁネクソンなので。とはいえ折角だし、結局実際にドロップ率がどうなってるかはプレイヤーには分からないし、運営の言を信じてやりきりに行く。地獄玉貰ってるしね。状1600枚は悪くないぞ。
ちなみに今回のお相手のヘルモンはバリエルもしくはトリエル、つまり魔界の亀裂とほぼ一緒。なので、それなりに装備が揃ってないと辛い思いをすることになる。


レッツ100回ヘル。
ScreenShot08362.png
ある程度回数行ってから先陣を切ったのは黄泉の風靴。いきなり被りだった。持ってる方が力増幅品なので尚更魅力に乏しい。だが気にするな、まだまだ回数は多く残されている。まだまだ行くぞ。
ScreenShot08363.png
名刀正宗。連続被り。というか正宗は通算で4回くらい見ている気がしてならない。まぁヘルなんてそんなもんだ。次。
ScreenShot08364.png
千年戦争英雄のチェーンベルト。90板金ベルト。先日出した品なので被り。まぁいい。次だ。
ScreenShot08365.png
白黒の境界:仮面。90補助。割と欲しい部位の一つ、補助装備じゃん! そして補助や魔法石には強力な効果が多い(80レベルまでにあった職別のものを除く)のも定説。これは期待を露わにしても良いのでは!?
ScreenShot08368.png
んっ……んんー? 物理魔法独立5%上昇……? なんか一見そう悪くもなさそうな効果に見えるが、90エピの補助部位で5%って低くね……? 赤に染まった西アクセとか一部位4%だぜ? レジェと1%差?


まぁ実際試してみないと分からない。というわけで修練行ってハニストロと比較してみたところ、なんとステータスだけで既にハニストロ>白黒だった。ええー……
まぁハニストロについてる攻撃力の数値自体高めではあるが、でも普通に職用の補助とかに負ける程度だし。ハニストロには付与済みってのもあるとはいえ。しかし90補助でこの体たらくとは。一応理論的にはステータスの攻撃力自体がこの先ずっと上がっていけば、いずれ白黒の方が強くなるが。
また白黒にはクリティカル+30%がついているが、さすがにそれだけのために補助欄を使うなんてあまりにもイマイチと言わざるを得ない。というかハニストロについてるスキルブーストがスピにとって多大な効果を発揮しているのは以前明らかとされたところなので、やっぱりどうしたって白黒使うのは有り得ない。なんとまぁ。


だが安心しろ。まだ回数はある。残りで何かしら良いエピが出ても何らおかしくはないぞ。理論的には。
ScreenShot08366.png
キングバブーンパンツ。リーチ状態にある蜘蛛セットの一角。やった! 揃った! と欣喜して金庫に向かったら既に持ってた部位だった。そういえば持ってないのは靴でしたね。はい。
ScreenShot08367.png
死のベールベルト。85レザーベルト。
ScreenShot08564.png
カモフラと攻撃力+100を永続出来る効果。カモフラージュの持続が5秒で確率も5%なので、発動条件がスキル使用とはいえ常時発動を徹底するのが厳しそうだが。まぁ悪くはないが、サブマリンでいいんじゃね。
ScreenShot08370.png
シャイニングインテリジェンス。85スタッフ。
ScreenShot08373.png
スタッフの癖に、どう見ても図書館ブースト最強っぽい性能をした武器。まぁ実際学者の場合、あまり武器を選ばない職の性能的にメイン武器としても使えそうではあるが。
ScreenShot08371.png
冷静な王女の腕輪。85腕輪。
ScreenShot08374.png
以前も出たアイスプリンセスセットの2つ目。リーチ。残るはネックレス。単品でも水属性付与効果があるので、まぁまぁ使えそうではある。
ScreenShot08372.png
グラッシーオブシルクパンツ。90布パンツ。
ScreenShot08375.png
1~70スキルブースト。ついでにクリティカル12%と、高めの力知能補正。ほぼ海神パンツの上位互換みたいな性能をしている。二次覚醒Pが範囲外なのが惜しいが、スキルブーストだけでも充分美味しい効果。
実にエピックらしい性能をしているのだが、じゃあエクスポージャーヘビーゲートルのすべての攻撃力orスキル攻撃力15%上昇より強いの? というとまぁやっぱり疑問視せざるを得ないのが悲しいところ。尚念のため試してみたが、普通にエクスポージャーの方が強かった。サブでグラッシー出てたら間違いなくつけるんだがな。大体海神パンツ装着してるし。
ScreenShot08376.png
霊力の竜巻。85板金パンツ。
ScreenShot08377.png
なんか個人的に出の悪い85エピ防具セット群の一つ、魔力セットの一員。クールタイム10%減少効果に加え、二次覚醒アクティブブーストも何気についている。最早議論を俟たずして有用な一品ではあるが、じゃあエクスポージャーより強いの? ってさっきも言ったじゃねえかこれ。まぁ霊力の竜巻の方は単発火力には関与せず、DPSが上がるだけではあるので、火力の計り方によって変わるだろう。だから一概には結論を出せない話ではある。
というか有用っぽい品が出てもじゃあエクスポージャー(ry ってなるのって、それだけエクスポージャーが強力な性能だからなんだよな。セット効果こそ持ってないものの、パンツという部位で単品の効果だけ見た場合はトップクラス、というか最強だったような気がする。


これにてフィニッシュ。100回で10個。ドロップ率10%。非常に分かりやすい。状なら300枚につき1個。実際のところ本当にエピドロ率高いかは分かりませんが、少なくとも俺個人においてはそのようであった。まぁ普段のヘルと比べて高いかどうかは最近調べてないし、実際のころどうなのか不明な感じなんだが。
ScreenShot08378.png
女プリースト2次覚醒イベント 審判の日で貰えるダメージフォント。しばらく前のアプデで新たにタブが追加されてたけど、遂にダメージフォントそのものが来た。4職の内2職しか取れないのが少々残念ではあるが、まぁタダで貰えるのでそこまで文句も言うまい。そんなわけで異端審問官とミストレスのダメージフォントをスピに与えた。そのキャラ限定でしか使えないのも少々残念。まぁいいさ、カンストダメージに縁のあるキャラで使うのが適当だ。
結局今回のヘルイベは、状や地獄玉のドロップ、ガブリエルなどがないので普通のヘルと比べてお得かどうかは割と微妙なイベントであった。ただ、一周15秒くらいで済むので周回のしやすさ的には優秀だとは言えた。あと100回という明確な区切りがあるのは、ブログ的には大変よろしい。制限を設けるほど美味しい内容だったか? って感じはあるけど。


エピドロだが特にイベントとは何の関係もない奴。
ScreenShot08406.png
ロシアン。既出。


ビートダンジンの挑戦イベント
ScreenShot08380.png
スペースボタンを連打してダンジンを殴るだけのミニゲーム。画面的に、なんかこう一定の間隔で繰り出されるダンジンの攻撃をかわしたりする要素もあるのかな? とか思ってたらタコ殴りにするだけで笑った。無抵抗かよダンジン。
難易度にもよるがDPS7くらいでクリア出来たりするので、そこまで本気で連打する必要はあまりないものの、まぁいずれにせよスペースキーには優しくないイベント。というかこのミニゲーム画面の背景、一体どんなところでボクシングしてるんだ。なんか観客の中に二又槍みたいなの持ってる奴いますけど。多分魔槍士シルエットの使い回しだと思うが。
ScreenShot08382.png
イベントページにも何も書かれていないのだが、ダンジンを1回も殴らずに放置すると隠し報酬が貰える。今時珍しい。というかよく発見されたなこの要素。
ScreenShot08559.png
箱からは懐かしのアクセサリ3種が貰える。ロイヤルリングなら未だに持ってるよ。学者の手袋はよく言われるけど微妙に世代が違った気がするし縁もなかったので印象は薄い。セット効果はネタ装備にしては意外と強そうに見えるが、アクセ3ヶ所潰すにしてはやっぱり微妙だろうか。それでも育成中くらいなら結構使えそうだが。
ScreenShot08560.png
着用直後から11秒間、専用効果として画面がモノクロ化する。この効果のみ、ダンジョンで1回しか発動しない。UIなどはそのままの色。上手い感じの使い道が思いつかなかったので、取り敢えずヘッドレスでも撮影してみた。


探偵&怪盗イベント探偵パズルイベントも実質セットのイベント。
ScreenShot08393.png
ムービーも用意されている、かなり力の入ったイベント。別に11周年とは関係ないのだが、どうせ記念の時期ならということでタイミング的には丁度いい感じのイベ。
映像は何やら洋館でご婦人が何者かに襲われ、電話に手を伸ばすところから始まる。その電話はなんと魔界にある壊れた公衆電話へと繋がり、何故か男鬼が受話器を取る。この男鬼が受話器とかいうファンタジーから距離を置いている文明の利器を手に取っている絵面が、なんともシュール。ありそうだけど実際なさそうな感じの光景。
ScreenShot08394.png
助けて的な叫び声とともに電話は途切れ、そして次の瞬間男鬼はイギリスの街中に立っていた――とかいう内容。中々の超展開。まぁ話の流れの突飛さはともかく、イギリスの街並みの中にファンタジーさ溢れる鬼剣士が立っているという異物感は中々にワクワクするものがある。
ScreenShot08395.png
ホームズとの出会い。作品を読んだことはあるはずだが何を読んだか忘れた。
ScreenShot08396.png
怪盗可愛い。地味に何故探偵と怪盗が当たり前のように同席しているかについてちゃんとした説明をしてくれないのですが、なんか事件があって怪盗が少なからず疑われている(ただし真犯人は他にいるとも目されている)といった感じ。ん、あれ? というかこの説明だとまだ不十分だぞ。怪盗が盗みをしようとしたところ別の犯人が事件を起こして巻き込まれた形……なのか? なんか細かいところが投げやりというか詰め込みの甘い感じがある。説明責任を果たせ。
ScreenShot08411.png
街中など色んな所に行って証拠集め。各所にはNPC(当たり判定やクリック判定などはない実質ただの背景)がいるのですが、ロマンティックアバが雰囲気に非常に合ってる。あとは女メイジのお掃除メイドアバとか。
ScreenShot08398.png
証拠集めのやり方は、専用アイテムを使って証拠らしきものを目立たせ、何処かにある当たりを破壊するというもの。当たり以外を破壊すると敵が出てくる。一つ一つ虱潰しにやってもいいのですが、範囲スキルで一気に証拠を破壊して敵を殲滅しするのを繰り返す方が速い。なんという野蛮なやり口。
ただし、一番スピーディでスマートなやり方は、一部屋目にいる市民がヒントを提示してくれているので、それを参考に証拠を攻撃すること。そんなにパターンもないし見つけやすくなってるのでそう難しくない。
クリア後に確率でシャーロックとMs.ブラックの会話が出たりするのですが、リザルト前に出るのでゴルカ画面が終わると同時に強制的に消えてしまう。あと場所ごとにそれぞれ内容が用意されており、その癖毎回確実に出てくるわけでもないので、確実に目撃出来ていない例があると思う。そもそも見たことのある類の奴もSSを上手く撮り切れてなかったりしたりする。なんとも勿体ない。
ScreenShot08498.png
何故かバカルの胸像がある邸宅。ここ本当にイギリスですか? というかよりにもよって世間的には悪者のバカルという不思議なチョイス。趣味かなんかだろうか。
ScreenShot08503.png
そんな感じで4ヶ所で証拠を集めきることにより、ボスダンジョンへの入場が可能になります。主犯はお馴染みジャック・ザ・リッパー。現実でも時期が被ってるのもあって、vsホームズというのは鉄板の組み合わせ。しかし体重500kgってすげぇな。
ScreenShot08506.png
今まで集めた証拠から導き出した推理が記述されていますが、内容は下にスクロールしていくと、ジャック・ザ・リッパーの似顔絵に変化が。
ScreenShot08507.png
ちょっとビビる。良い試み。しかし娼婦を狙ってるとかそういうアレは特に何もない模様。というか罪状に殺人が記述されてないし。何はともあれボスダンジョンへ。
ScreenShot08562.png
ノーマルとハードで格好が違う。ノーマルは帽子をつけてるがハードは機械の頭部が丸出しの状態。攻撃パターンに変化はありませんが、純粋に体力が高いのとディーリングタイムに入らせづらいのが主な違い。
敵としては、状態異常耐性完備なのと投げが効かない状態がちょくちょくあるのが一部職は気になりそうだが、戦っててかなり楽しい相手。攻撃のダメージはそこまで高くないので余裕を持って戦うことが出来、また各種ギミックが程よい感じで楽しい。ハードだと難しいが、ノーマルならカウンターを取ることで無防備な状態に出来る。
また、火力のないキャラでも分身のギミックまで行けばディーリングタイムで一気に終わらせられる。ちなみにスピならハードでも開幕からスキルぶっぱごり押しのみで息の根を止めることが可能。無理にギミックやらずとも良いというのもまた出来のいい部分。
ScreenShot08563.png
また、時止め斬りの最中は防御力が大幅に下がってる(ディーリングタイム中と同様の状態)ので、この瞬間を狙って攻撃すれば瞬殺も可能。バスターショット一発でカンストダメージが出て即死させられる。スムーズに終わるし見た目にもスタイリッシュというかアクションゲーム感あるので楽しい。
ScreenShot08511.png
時止め中は面白いことに各種エフェクトの当たり判定なども残ったまま完全に停止させられる。そのため、事前に攻撃を撒いておくとジャックザリッパーが攻撃に自ら突っ込んでくる形になる。
故にジャックに背を向けて攻撃を出しておくと、なんか相手の移動先に攻撃を置いておく、時止め対策にありがちな奴みたいになる。バカめ! そちらにはスーパーノヴァを放っておいたのだ!
ScreenShot08519.png
ちなみにノヴァでカウンター取った時のダメレポ。すげぇことになってる。フラグレとかも使ってないのに。
ScreenShot08510.png
とまぁ敵として戦うには楽しいのですが、ストーリー的な意味でのジャックザリッパーさんは何と言いますか、かなり投げっぱなしな感じであるのが窺える。結局彼の正体は? ということについても全く明言されていない。まぁ各証拠と似顔絵から察するに、失踪した館の主人で100%間違いないが。
また、「少し痛いが、私を倒してくれたことに感謝する」「そろそろ休みたい…」といった台詞から、意に沿わず改造されて組織に操られている様子。ノーマルの方のジャックザリッパーは「あとは私の分身がやってくれるはず」と言うことから、ノーマルとハードで別の存在であるという可能性もありそう。
また、怪盗はジャックザリッパーを意識していること、彼の現れた現場に怪盗も現れること、ハード版ジャックザリッパーの台詞などから、怪盗Ms.ブラックがジャックザリッパーの二人いる娘の片方であることもまぁ間違いなかろう。長女が宝石業を営んでいるので多分今回被害に遭った女性、次女は白い服を好み舞踊が得意らしいので多分怪盗。失踪後長女は宝石業を引き継いで宝石を次々買い取り始めたらしいが、なんかよく分からん。
ジャックザリッパーが館に来た理由は、恐らく娘に会いに来たから。それで何故、長女らしき女性が死んだのか怪我したのか不明(怪盗が「とにかく私は誰も殺してないわ」と言っているので被害者は死亡した?)だが何かしら被害に遭ったのか? 分からん。宝石の盗難は謎の組織……じゃなくて怪盗の仕業かな?
あと時計台が止まる・目撃証言の時間が一致しない=ジャックザリッパーは時間を操る能力を持っている とか推理されていたが、理由は特に触れられなかった。まぁアラドだからね。エピック装備でもつけてたんだろう。
ScreenShot08513.png
証言を集めてボスに挑戦するところまでは手が込んでいたが、そこから後がジャックザリッパーの死に際の台詞くらいで、何にも発展する要素がなかったのが非常に残念。尻切れトンボもいいところ。シャーロックホームズもMs.ブラックももっと話に入って来いよ。結局ボスを倒すだけで話が終わってしまい、何だったんだ感が大変強い。
そしてやたらと捜査妨害を試みようとしてきたり謎の改造技術を保有してたりする組織についても、詳細をついぞ分からぬまま終わった。
何気にフランケンシュタインとか出て「我々の夢はまだ終わっていない!」とか言ってたが一体どんな野望を抱いていたかもさっぱり不明。ちなみにフランケンシュタインは19世紀前半、シャーロックホームズは19世紀後半らしいのでそれなりに時期が違う。あとフランケンシュタインは怪物の名前じゃないってのも、もう今更というか野暮な話だろうか。
とにかく総じて惜しいと言いたくなるイベント。エピローグ的な形で何かしら話に決着をつけて欲しかった……ジャックザリッパーと怪盗が父娘の再会を果たすとかそんなんでもいいよ。こんな終わったかどうかも判然としないみたいな中身はあんまりだ。途中で開発の予算が尽きたんだろうか。





割といい性能だったのでオーラアバをミストレスに。
ScreenShot08414.png
最近よくある、ノーマル2種とそれらの上位互換1種が存在し、変換が出来る方式だった。よって一番性能の高いタイプが出るかどうかは色々運次第なわけだが、幸いにも10mちょっとの費用でミステリーな一日になった。だがベヒーモスクリーチャーを変換しまくったのに目当てが出なかったアレの二の舞にならずよかった。


スピで絶望壺。ボウガンかマスケかはたまた無謀な賭けで補助かと行ったところだが、まぁ無難にジェネラルボウガンのあるボウガン壺を開ける。どうせ轢殺とか出るだろうから、本命はこの後に登頂する悲嘆壺なのだが。
ScreenShot08504.png
おう……
うーんまさかの。残念ながら、付け替えありとはいえ一応既にオバチャ+10達成してるのでそんな狂喜するほどじゃないのだが、まぁB面の理想形を考えるとやはり必要なので嬉しい。一応オバチャブーストの最強はベネルゼーニュだが、スキル宝珠必須の上に効果が出てるかの確認が難しいので現実的には厳しい。
ScreenShot08505.png
性能。85エピなので普通に強い。スキルブーストはオバチャに加え、特性弾と銀弾はまぁ微妙だが、武器熟練+5と強化弾+2は見過ごせない上がりっぷり。追加ダメ22%は氷炎の計40%に比べれば劣るが、まぁ単体としては充分な数値。そして物理魔法独立6%上昇つき。氷炎が追加ダメージと属性強化で攻めてくるのに対し、ジェネラルはステータスが持ち味。あと何気に力知能補正すげえ高い。
ぱっと見だと追加ダメの差もあるし氷炎の方が強そうだが、ジェネラルボウガンについているスキルブーストがかなり侮りがたい。そんなわけでこれそんなに優劣ないんじゃないの? という印象を受けるのだが、まぁ実際計ってみないと分からないもの。修練へGO。
ScreenShot08532.png
ざっくりだが調査。するとなんてことだ、微妙にだがジェネラルボウガンの方が強い。どのスキルでも大体1mほど高い。ちなみに氷炎が+11で物攻+20付与済みで、ジェネラルは+10しただけの状態なので、条件を完全に揃えたらジェネラルボウガンの方が上ってことでは。まぁ殴る相手にもよるだろうが。
とはいえ属性付与を考えると氷炎の方が扱いやすい気がしないでもないが。オバチャが全スキルカバーしてたならそこら辺楽ちんであったが。


なんとなく覚醒アントンに遊びに行ってみた。
ScreenShot08520.png
覚醒2種抜きでスキル回せばトーグ倒せる一般とは流石に硬さが違い、多少の時間をかけてネルーベに到着。そのネルーベの体力ゲージもぐっと増えているが、まぁ時間さえあれば倒せる……と思ったら回復ギミックが阻止出来なくて全快されてしまうので、ソロだと不可能だと悟った。回復する前に倒し切るにはさすがに火力が足りないし。
ランドランナー使って玉を処理しようにも、4×2の玉が出てきて、ランド出せるのは1回ずつが限界だろうし、そして自分で玉4個取ると死ぬんだから、つまりどう考えても無理である。はい街戻り。スキルぶっぱでワンターンキル出来るようになったらまた来ます。


悲嘆100階クリア。思ったより日数かかったが、まぁ初見だしこんなもんじゃね感。まぁ初めての絶望よりはよっぽど楽に登り切ったはずだ。
ScreenShot08515.png
最後の門番を務めていたのはカオス。一応100人の敵の中には暴風式使うポンマスとかガンガン吸い込んでくるスイフトとか強豪もいた中で、なんかパッとしない終わり方だった。まぁ弱くはなかったんだろうが、普通に攻撃してるだけで終わったし……絶望みたいにソルドロスとかストーリーに関わる人が出てくるわけじゃないので、盛り上がりに少々欠けたのも正直なところ。
スピ自体拘束こそないもののダウンハメだったり通常の密度の高さから逃げ撃ちがそこそこ強く、クールが明ければ重力やデンジャークローズなど便利なスキルが使えるのもあり、そこまでの苦労は感じなかった。というかまぁ、フルプレート上着のHAが強すぎたのが6割くらいある。実際。スイフトの回で苦戦しなかったのは間違いなくHA効果のおかげだと思う。


ちなみに一番死んだ階ですが、93Fのバンガでも68Fのスイフトでもなく、35Fのやたら火力の高いアベンジャーだった。単純にスキル2、3回くらったら死ぬので事故りやすい階ではあるのだが、5回も6回も殺されたのは正直俺の腕の所為って感じもする。ただ、伏魔殿とかリッパーとか中距離横軸から撃ってくるスキルが強く、あとHAがあるのでこっちが攻撃しようとしたらカウンターで死ぬってパターンが多かった。悲嘆はかなり職によって各階の得手不得手が分かれるところがありましたが、実際あのアベとスピは相性良くなかったとは思っている。個人的には。
ScreenShot08516.png
そんなわけでエピ壺開封の儀。一番メジャーな狙いとしてはイヤリング壺でしょうが、まぁバビロニアのあるスピは開ける理由がない。であれば、90エピ狙いで武器壺しかあるまい。ランダムエピ壺なら防具の可能性もあるが、出てくる対象の品の数が膨大過ぎてさすがに手を出す気にはなれない。
ボウガンは氷炎もジェネラルボウガンもあるということで、比較的未獲得のエピが多いマスケ壺に。オラクルを下さい。ただまぁ85マスケでもまだ出したことないので当たりとも言える。残念なのは火炎ニールだけだ。しかも既に複数回出してる過去もあるので、尚更お呼びではない。さぁ開けるか。
ScreenShot08517.png
んー……85エピの片割れ、ルール・オブ・サム。だから外れではない。外れではなかったのだが……
ScreenShot08518.png
まぁ見ての通りだが、グレ特化型マスケ。つまりはメスピ用として知られていたマスケなのだ。今でもメスピにグレ型のビルドがあるのかよく知らないが。
現状フラグレ以外まともに使われていないオスピのグレの事情を考えると、無邪気に喜べるかは微妙な感じの方向性である。一応戦場の英雄+1があるし、何故かナパのスキブもあったりする。ただ増加追加もないし、結局グレ以外では大したことのない性能に見える。
まぁいい、どうせだから修練行ってグレポイポイしてみよう。
ScreenShot08521.png
3種グレM+榴弾マスタリーM+TPMにしてひたすら巨大ヌゴルに投げまくってみた。業師も強化もせずにやったのもあるし、絶対的な攻撃力自体の低さは問題ではない。
問題は、グレ単発の平均ダメージと、バスターショットやナパといった他スキルの平均ダメージの差である。装填数+1もありひたすらグレだけをポイポイ出来たりするわけだが、「そんなことより普通にスキル回した方がよくない?」状態なのがこの場合の問題点。SPをグレに回し、グレ特化マスケを装備しておきながら。
しかも通常攻撃も結構ダメージが出るのも相まって、これだけお膳立てをされながらもグレを使う必然性がイマイチ感じられない。うーん……実用性についてはかなり微妙。ネタとしてもそんなに面白いわけでもないしなぁ……
ScreenShot08522.png
一応、忘れてはならないグレの範囲20%増加。おっきくなってる!
ScreenShot08523.png
……と言わせて貰うことも出来なかったりする。スピ改変以降やたらと範囲が狭くなった上に固定化されてしまったグレの爆発だが、20%上がったところで150pxが180pxになるだけなのである。180pxと言われてもピンと来ないかもしれないが、改変前のグレはMにすると300pxを余裕で超えていたので、なんかもう惨憺たる差である。まぁこの範囲が狭いことについてはルールオブサムの所為じゃないのだが、いずれにせよグレ自体が輝きに欠ける現実が晒されただけだった。
ScreenShot08524.png
見た目はちょっとダークストーカーの時代のマスケに近くて悪くないよ。ええ。






今回のエピックロードイベの、職ごとのショウリュウとの会話。全部貼るととんでもないこと分量なので要点だけで。順番は適当。
何分撮影枚数が多いのもあってここに載せたものの中でも会話に抜けがあったりしているが、まぁそこら辺は不徳の致すところという奴である。だがまぁ致し方ない。
■メカ
ScreenShot08434.png
内容はスピと全く一緒。なのだが、この部分だけ口調が微妙に違った。謎の気遣い。


■ソウル
ScreenShot08461.png
意外と前向きな反応を示してくるソウル。割と意外。なんとなく根暗な印象があるのは半分くらい某所の所為な気がするが、まぁ職の性質考えたらどっちせよイメージと異なる出だし。
ScreenShot08463.png
ただしその後は参戦に対して後ろ向きな言葉を返すソウル。「……それは危険すぎるんじゃないか?」とか「本当は危険に飛び込むなんてごめんだが……」という発言が見られ、スピやメカとは正反対。大体二つ返事で了承する奴が多くて、あとは初っ端から突き放すような返答をする連中だったりするので、協力的ではあるけど消極的な姿勢というのは珍しい部類。


■阿修羅
ScreenShot08428-1.png
ScreenShot08428-2.png
快諾タイプ。穏やか且つかなり余裕のある対応が特徴的。精神集中とかスキルにあるだけはある。準備に際して「お茶でも飲んでいてください」と述べる落ち着きよう。きっと阿修羅本人がお茶を飲むときは緑茶。


■ダークナイト
ScreenShot08435.png
話を聞いてみて冷静に協力を表明する派。普通というか、特徴的と言えるほどのことはない。ちなみにクリエは性別の違いからちょっと話し方が違うだけで、内容は完全に同じ。


■男喧嘩
ScreenShot08438.png
まず話を聞いてくれない派。というかこの文章前も見た気がするんだけど。
ScreenShot08439.png
そしてその後たった1回喋っただけで手を貸してくれる。ちょろすぎだろ。戦いが目的っぽいことを匂わしたりしてるけど、最初から協力する気だったけど素直じゃないので反対のことを言ってしまい、様子を見て意見を翻す予定だったがうっかり速攻で翻意してしまったとかそういうのなんじゃねえかという感じもする。


■デュエリスト
ScreenShot08452.png
冷静に強力派その2。話がすんなり進む。他職と違って物珍しい点は、他は大体「準備なんてすぐ済むぜ」とかそういうテンションなのに徹底的に準備とか言ってるあたり。慎重な性格が垣間見える。


■アベンジャー
ScreenShot08446.png
プリの場合は関わりがあるので、ショウリュウ側の呼びかけ方が独自のものになっています。見てないけどクルセやインファでも同じのはず。
ScreenShot08447.png
会話内容はDKらと割と近いというか、まぁ普通。ただカイリュウとの会話で「危険だからと避けてばかりいたらそれは冒険者とは言えませんよ」の台詞が出てきたのはちょっと意外だった。プリたちは教会所属の立場で発言するものだとばかり。しかも男プリの中で一番ダークな立場のアベさんがこの言葉を発するとは。


■退魔
ScreenShot08473.png
退魔士は更に完全に退魔専用のものに。巫女もこういう感じなのかね。
ScreenShot08476.png
当たり前だが積極的に協力する退魔。吉兆の渓谷に早歩きで移動するとか言い出したのは間違いなく退魔だけ。どんな天然だよ。


■テンプラー
ScreenShot08467.png
最初から刺々しい態度派。とはいえ話くらいは聞いてくれるタイプ。その後もショウリュウたちを弱いと言いつつその一方で「これまでと同じく弱者を無視することは出来ない」とか「お前たちを助けるのではなく高価なアイテムを拾いに行くだけ」とか言ったりと、物凄いツンデレ具合を見せる。
ScreenShot08471.png
ただ協力するだけでなく、アドバイスをしてみたりと他の職とはちょっと違った方向性。こういうのもあるのね。
ScreenShot08472.png
さばさばした感じがなんか良い。ちなみにシャドウダンサーはこれと一字一句違わず同じ内容だったので掲載しない。


■ミストレス
ScreenShot08384-1.png
ScreenShot08384-2.png
やはりプリなので呼ばれ方が違う。そして細かいというか凝ってることに、ショウリュウたちのことは知っているが初対面という扱いになっている。前のイベントについて「話は聞いたことがありますね?」だったり、カイリュウに「姉妹よ、はじめまして」と言われてたり。実装時期的に女プリは確実に面識があるわけないからね。
ScreenShot08389.png
退魔同様に協力的且つ知り合い関係なので話は恙無く進む。特別面白い点はない。


■ディメ
ScreenShot08455-1.png
ScreenShot08455-2.png
女プリを除くほぼ全ての冒険者が「久し振りショウリュウ」状態なのに、覚えてない状態のディメ。というのもこれは実は当たり前というか、ディメンションウォーカーを含む男メイジ新規3職は前回のエピックロードイベント時はいなかったので、これはディメ側の反応が正しい。他の2職だとどんな感じなんだろう。ちなみに槍は当時作成はしてなかったけど実装済みだったので、既知の間柄なのは特に問題ない。
そして冒険者だから助けるのは当たり前だよパターンではなく、見返りとして研究記録を求めるパターン。新しい。独自路線を突き進んでいるディメ。
ScreenShot08459.png
「同じ時間帯のあんたに会うのは初めて」とかいう超絶意味深な台詞。やはり次元絡みのアレなんだろうか。実装されてないのに来た記憶があるとは……
ScreenShot08460.png
青竜一族の秘密については立ち入らないでくれるディメ。物分かりがいい。まぁ普段から研究関連で各所に話を聞きに行ったりはしてそうだし、そこら辺の交渉や塩梅は慣れたものか。


■学者
ScreenShot08482.png
最早話しかける前から嫌な予感しかしない学者。まさか手助けしましょうパターンなわけがなく、ハナから戦利品目当て。目の付け所がある意味純粋な冒険者。
ScreenShot08483.png
ショウリュウの冷たい視線にも全く動じない学者。流石だ……
ScreenShot08485.png
ヘルモンの気運も学者にかかればエピドロの気運。いやまぁある意味正しいんだけど。果たして彼女に青竜一族、ひいてはアラドの命運を預けてよいのだろうか。
ScreenShot08486.png
なんかでもちょっと最後に達観したような言い方をする学者。ただのおてんば自由人というわけじゃない面も窺える。まぁ他の職同様使徒とか倒してるわけだからね。そんなわけでオチ担当は学者でした。


長い……
ranking6.png
次はエコンを書かねばならぬのだ……
スポンサーサイト

[edit]

page top

Season5 Act5 救い 

2017/09/09
Sat. 23:35

どうも。


そして下方もとい修正。
ルークレイド バランス調整のお知らせ
界隈が燃え上がってからは早かった。さすがに堪えたんだろうか。速報さんの対応はまぁ知らないが、少なくともGame watchの取材は。何分他人事なのであまり言いたいこともないのだが、まぁひとまずよかったねといった感じで。
でもどうせなら具体的にどれくらい調整したのか出して損はないんじゃないかなぁとも思う。アメボとかヘルの確率出したら色々と都合がよくないというか、取り敢えず明らかにして買う人が増えるということは確実にないので致し方なかろうが、この手の場合は検証ということもあるし素直に情報出せばいいのにと。秘密主義の方が何かと後始末とか誤魔化しをしやすいのは確かだろうけど。


悲嘆。そろそろ頂上も見えてきた。特別苦戦しなければ次の更新あたりでスピは登頂出来てるかな?
ScreenShot08309.png
時を止めて悠然と歩いてきてラッシュを繰り出してくるインファ。逆立った髪の毛といいまんまDIO……だったのだが、日本では名前とアバが変更されており、誰だかよく分からない感じになっていた。
これくらいならオマージュってことで別に問題なさそうな気もするんだが。格が波動昇竜竜巻してる時点で今更過ぎる。まぁ、名前はともかくアバはそのままでもよかったのでは。しかしODEANって何なんだ。
ScreenShot08310.png
なんか死の間際に名前を呼ばれた。てめーは俺を怒らせた。別に時は止められませんでしたが勝てました。


ミストレス二次覚醒来たる。一遍に来てなかったのはまぁ普通に考えるとマイナスなのだが、強くなったと実感出来る機会が後々に残されているというのは見ようによっては悪くない。要はまぁ、好きな食べ物を最後に残しておいて最後に食べると美味しいよとかそんな程度の話。
ScreenShot08315.png
罪が心臓に負担をかけているとかいうやたらとダイレクトな危機が発端となって覚醒ストーリーは始まる。まさかこれが心臓病。そしてこの問題をなんとかしてリディーマーとして再びミストレス活動を続けていくために、試練に身を投じます。覚醒ストーリーには幾つかのパターンがあるが、ミストレスは身体がヤバイので何とかしようタイプ。BSKとかソウルとか男念とか、生命に直接の危険が差し迫ってる奴がちょいちょいいるアラド大陸。
あとミカエラの名前が出てるのが意外であり興味深い。当たり前だがミカエラが裏切ったと誤解されたままである。レベル的に異界クリアしたことが前提とされているとはいえ、こうしてエピクエというか本筋のストーリーの内容が覚醒ストーリーで出てくるのって地味に初なのでは。そしてここまで考えて思ったが、今の異界のミカエラってよくバックグラウンドの分からないネームドその1じゃね? ミカエラが使徒に堕落したとか言われても、あっあの人そうなの? くらいにしか思われなさそう。
ScreenShot08316.png
命がヤバイことになってるのに罪を背負うことを止めないミストレス。女プリで一番の狂信者は異端っぽいけど、ミストレスも割と大概な感じの境遇に身を置いてるように見える。
ScreenShot08317.png
原罪の力を外部に引き出し神が決められた形に具現化するとかいう、なんか言いたいことは分からないでもないが、詳しく考えてみるとなんか言ってる意味のよく分からないプロセスのために、お馴染み黒龍の気運を集めに行く。使い道が自己を高めるためとか具現化を成し遂げるのに必要とかじゃなくて、具現化が失敗した時に他の人が巻き添えにならないようにというのが、普段のパターンと違うところ。
つまりは失敗したら問答無用でミストレス本人は死ぬ。しかも助けてくれない。周辺への被害を考えて自らで気運を集めに行くというのは、まぁおかしなことというわけじゃないんだが、覚醒ストーリーにしてはなんかネガティブというか消極的な感じの流れである。毎回似たようなやり方ってのもアレなので、こうして切り口を変えるということ自体は普通に面白いし評価したいところだが。なんか色々珍しい。
ScreenShot08318.png
気運集めたので覚醒。大会自体はそもそもこっちが90レベルというのもあるし、苦戦する要素はあまりない。ラストハンド、プライドアクセルあたりが開幕からぶっぱしやすいので、職の適性自体はまずまずか。
そんなわけで結界を貼るところでクエストが終了するわけだが、成功するシーンはテキストに含まれていないので、実はこの後具現化に失敗してミストレスが爆散する未来とかあったかもしれない。というか仮にもし確実に成功する見込みがあったら、実は気運を集める工程は無駄だったのでは……ということは言ってはならない。


というわけで二次覚醒以降のスキル。パッシブは割と平凡で、お馴染みのスキル攻撃力増加と悪魔化持続増加、あと悪魔関連のスキルを使った際に周囲(罪業を背負った肉体の範囲に準拠)にダメージを与えるくらいの機能。
ScreenShot08330.png
セカンドソウル。鎌で周囲を薙ぎ払って前方にまとめてドーン。薙ぎ払いの範囲は円状に近く、前方は一般的なスキルと比べるとそこまででもないが、後ろや縦軸はかなりの範囲を巻き込める。無敵時間・硬直機能もついており、投げ無効の相手でも固定型以外なら動かせるので弱点もない、強いて言うなら初撃が当たらないと不発に終るのは欠点か。
ScreenShot08331.png
サードリップ。棘で前方を突き刺す。通称は「イカ」。理由は言うまでもなかろう。
こちらも拘束の効果がある。他の二次覚醒スキルにも言えることだが、重い罪業やグリードのようにミストレス本体がフリーに動けるくらいの動作時間の短さではない。ただ拘束時間はそれなりなので、PTだと活躍できるだろうし、ソロでも各種拘束スキルを順々に繋いで行くと結構拘束できる。便利。
ScreenShot08319.png
二次覚醒アクティブ、ラストジェネシス。やはり覚醒カットインのセクシーさがミストレスの持ち味。ただし本体と比べて鎌が滅茶苦茶でかくて目立ってる。でかい鎌ってのはまぁある種の高得点を出すポイントではあるが。
ScreenShot08320.png
画面全体を巨大な鎌で薙ぎ払った後、ボスやネームドと言った一番等級の高い敵にエネルギーで攻撃する。掴み可能な敵の場合は相手を地面に叩きつけ、上から被さって力を爆発させる。なんか漫画にありそうな絵面。
ScreenShot08332.png
投げられない相手には横バージョンになる。こちらも漫画的な絵面。こちらのバージョンでも敵を硬直させる効果はあるらしい。


小ネタというわけでもないが。
ScreenShot08325.png
絶叫ボス部屋前のネームドはダウンさせると自動的に氷属性の爆発を起こしてきますが、セカンドソウルなどで拘束しつつ長時間無理矢理ダウンさせたりすると繰り返し爆発が起こりまくり、その位置に痕跡が残るとかいう現象。画面の焼き付き的な何かなのか。
ちなみにだが、セカンドソウルもサードリップにも言えることであるが、自分の攻撃が終わった直後に無敵が切れるため、絶叫ネームドの反応攻撃などが本体に重なっていたりすると確定でスキル終了後に死ぬ。そうあることではないと思うが、全体動作が長めなこともあってギミックとか考慮せずに使うと死を招くこともある。一応覚えておきたい。



若干スピの装備変わってきたし、ヌゴルタイムを再びしてみた。
ScreenShot08324.png
短縮。大雑把に10秒ほど縮まった。やり方は変わらず各種秘薬類使って事前に神器発動からヌゴル召喚。神器発動済ませておくのは卑怯な気がしないでもないが、やらないと絶対にムラが出まくるし実戦だとネームドやボスに攻撃する前に大体発動してるだろうし、まぁ問題ないんじゃねと思っている。
もうそろそろファーマンにサンドバッグを代わって貰う時期かもしれない。


運営に思いが通じた。
ScreenShot08314.png
というわけでもなく別に他の人からも報告が行っていたからであろうが、レギンから徽章買えない問題が解決されました。8月中には直らないだろうと高を括っていたので、ちょっと予想外である。軽快なフットワークで修正してくれた不具合対応とかバグ修正班とかまぁ何でもいいですが運営の何某に素直に感謝を表明しておこう。今回の対応は満足でしたかのメール答えるのめんどくさくてスルーした分も踏まえてここで。メールが返ってきたのが修正後だったので、あーハイハイもうその不具合知ってるって今直すから黙って待ってろよこの野郎とかお思いでであった可能性の存在に考えを馳せたりもしますが、まぁ思考を巡らせても無駄な範囲の話か。
さておき、ギルドごとにレギンの滞在期間が違うわけだが、買えなかった期間分の保障とか考えるとそこら辺との兼ね合いはどうなるの? という疑問があったわけだけど、ギルド内部に一定期間中レギンが新たに設置されるということで解決を為した。よって、別MAPではあるがレギンが2人存在するとかいうちょっと面白い現象が発生している。
ちなみに保障レギンは浄化してなかったギルドでも恩恵を受けられるようだし、全ての種類のジェムを販売しているので地味に美味しい。特にうちのギルドでは碌なジェムが販売されていなかったし。
ScreenShot08327.png
ちまちま殿堂。そしてギルDアクセ。通算だと結構出てるな。まぁ通った回数が回数だけにというのもある。というか氷の女王なのに火のアクセをドロップするってイメージ的にどうなんでしょうか。




地獄。
ScreenShot08308.png
地獄玉。さぁ次。
ScreenShot08311.png
ライキリ。85ナックル。既出。
ScreenShot08312.png
テールバックランナーブーツ。85軽甲靴。
ScreenShot08313.png
このセットについてはまだ2つ目。火力に直結する要素は特にないが、移動速度の大幅過ぎる上昇とHAがついてるので、警備などにおいては有用な品。絶望にいるフォーシーズンくらいの気持ち悪い速度が出るので面白い。
ScreenShot08336.png
天叢雲剣。85小剣。既出。
ScreenShot08328.png
ミストレスで。マナの誓いパンツ。85重甲パンツ。
ScreenShot08021.png
スピで出したことのある品。ミストレス的には自マスなので方向性的には当たり。ただ能力的にはただのクリティカルアップなので少々魅力に欠ける。以前スピで出た時にサブで欲しい類の品とか書いたが、ミストレスは一次覚醒Pで魔クリ上がるのもあるのでそんなに職的に不足した部分ではない。無論クリ100%じゃないから有用ではあるが、海神パンツより強いか? っていうとやはり疑問は残る。
まぁ黄金クリあるし~って感じでクリ100%達成してないキャラが多いので、いい加減誤魔化さずに潔く100%にするべきなのかもしれないが。スピとか。『ソロだからorサブだからor行き先がそこまでのダンジョンじゃないからetc...いいや』とかいった原因が一向に解消されないのでQ契約をすることが全然ない。使いもしない黄金Qをケチる将軍。


それはそうと、マナの誓いパンツの効果を最大に発揮するにはMPが80%を切っている必要があるわけだが、実はこの条件もミストレスとイマイチ相性が合わなかったりする。七つの大罪貪欲使用中の罪業に回復効果がついているので、罪業の使用を憚られることになる。割合が高いから複数の敵にやったりすると一瞬で満タンになるし。まぁHPを減らされていなければ回復機能に頼る必要性はないのだが、拘束機能の方は頼らないとなると完全に縛りプレイ。他にも拘束スキルは複数あるし全くもって無理というほどではないが、どう考えても自ら利便性を狭めているのは確か。
七つの大罪バフを別の効果に切り替えるのもありではあるが、威力目的でも貪欲が基本安定らしいし。そこまでして装備するほどの装備かこれ? っていう結論に陥らざるを得ない。


アバー。
ScreenShot08329.png
頭:ゴールドロングタイド
帽子:アラドポリスユニフォームハット[Bタイプ]
顔:ビンテージボーイズブラックスクエアサングラス
胸:スチームパンクシャインブロンズの肩飾り[D]
上着:ゴシックブラックパンクジャケット
パンツ:ゴーストハンターのブラックパンツ
腰:ゴールドレイピア
靴:レッドカウボーイブーツ



上着とパンツの組み合わせははっきり言って面白みがないというかありがちなものを組み合わせただけという風情なので特にないのだが、他の部分とのまとまりがいい感じの奴。靴とか。胸アバは金色のバージョンの奴の方が確実にいいのだが、そう都合よく流れているものではないので致し方ない。逆に頭アバを胸アバの色に寄せるというやり方もあるが、茶色はあっても銅色となると中々に厳しい。まぁそこまで気にならないしいいんじゃね。
ゴールドレイピアは超久々に使った。保有してるアバ総数を考えると、どうしても短くない期間使われずに埃を被っているアバがあることを否定できないが、やはりいつ役に立つか分からないので手放すのは惜しい。とはいえ本当に少数ではあるが、これは使わないだろ……と思いつつも商人証もないので手元に残りっぱなしのアバもないわけじゃないが。


終わり。
ranking6.png
そしてアラド11周年へ。

[edit]

page top

2017-09