『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

オフ会in the 大都会TOKYO 

2012/04/17
Tue. 20:26

どうも。


今回は題名通り、オフ会の模様をお送りさせて頂きます。


何気にこっちのブログでは頑ななくらいにアラドのことしか書かず、趣味やリアル関係のことを書くことはありませんでしたが、今回に限っては全面リアル事情(一応)ですね・・・・・・・
内容の性質上、参加してない方にはイマイチ楽しめない・グダグダ駄文になりますので読みたい方は追記からどうぞ。
rank3.jpg
ランキングはこちら側に置いておきます。





※某所より脱線は控えたいと思いますが、文章多め、無駄な部分多めになりますのでご寛恕ください。
※卑猥な言葉が出る場合がありますので予めご了承ください。
※個人情報保護のため、一部具体的な描写を伏せる場面・事実の歪曲がありますがご理解ください(というかそれに一番関わるのは俺ですが……)。
※何分いつもと違う雰囲気になるかと思いますが受け入れてください。



さて。


というわけで、オフ会しました。日時は4月13日(金)~4月14日(土)でした。
場所は日本の首都にして究極の大都会東京。
ちなみに東京に行ったことは1回しかありませんでした。実に6年とか7年とか8年とか、まぁそれくらい振りに東京を訪れることになりました。
tokyo_line.gif
時間は昼からの決行。




朝は用事があったのでそれを済ませ、決して関東地方住まいとは言えない俺は新幹線に乗り込んで一路東京を目指しました。
何気に新幹線に乗るのも久し振り・・・・・・ってほどでもないですけどね。1年振りくらいでした。まぁまぁ混んでた。
思ったより遅くなりそうだったので、キオスクで駅弁みたいなのと、あと何故かトッポを購入。会計約1100円也。




そうして時間は14時、東京駅に到着。
早速新幹線から降り立ち、改札を目指す。切符を入れて、通過する……と思ったら、そのまま進もうとしたら駅員に呼び止められた。あ、出てくる切符取ってなかった。
・・・・・・あれ?
東京駅着の切符なのに何で取る必要あんの? 普通出てこなくね?




若干動揺しつつも、取り敢えず目的地に向かうための路線を探す。
下調べはあまりしていなかったのだが、道に迷うほど乗り換え苦手な性質でもない。
・・・・・・が、どういったことだろう。新幹線の改札を出て、そのまま別の改札を経ることなく駅のホームに出てしまった。
出られてしまった。
え? これいいの? 俺切符買ってなくね? このまま電車乗れちゃうよ? と今度は狼狽しつつ、ホームに上がって来たとき丁度来ていた電車を一本スルーする。




田舎者丸出しである。
とはいえ、まぁさすがにこの状況と材料を照らし合わせれば大体どういうことか予想はつくので、何食わぬ顔で電車に乗車する。
東京と言えば朝の殺人ラッシュアワーが有名だけれど、この時間帯は当然そんなことはない。程よく混んでるとでも言った感じだろうか。他人とそれなりの距離を保って立つことが出来る混み具合でした。




そうして電車に揺られること数分、目的地に到着。




聖地―――AKIHABARA。




というわけで、今回のオフ会の会場は秋葉原でした。わはー。聖地と銘打ってみたけど、実際『聖地巡礼』のミーニングで言うならば何が該当するのだろうか。シュタゲとかかな。
そんな感じで遂に秋葉原の地を踏みしめる。
ak_h.jpg
続いて連絡。電気街口にいるとのことなので、そちらの方へと足を向ける。
・・・・・・普通に柱にRewriteの宣伝とか床に型月の宣伝があったりする辺りは流石秋葉原といった感じである。ついでにいうと、ポスターとかではなく、なんかこうiPadとかデジタルフォトフレームを彷彿とさせるあれなのが都会チック。
見てて面白いんだけど、あまりきょろきょろするのもどうかと思ったので、首を振るのは程々にしておいて歩を進める。いや田舎者でも観光客の意味でも、全く相違ないんだけどね。




そして平然と、先ほど新幹線改札で再び出てきた新幹線切符を改札に挿入。何事もなく通過。ほらやっぱりな! つまり、一定区間以内なら引き継いで使えるということだったんだよ!!
はい。




見渡す。うわー。なんかもう、うわー。うわーだわ。うわーだわさ。駅にも街にも堂々とオタクコンテンツが顔を出しているというのが流石である。いや、何もそういう街に出向くのは初めてではないものの……一応秋葉に来るのも初めてではないし(ただし、そのときはほとんど来た意味がなかったが)。
そんな感じで、14時35分――邂逅を果たす。




ここで参加した人員を記しておきましょう。モモさん、ボンさん、ろぜさん、加えて俺の計4人でした。ちなみにモモさんからお誘いを受けました。
ちなみに当然みたいな感じにしてましたが、何気に八尋さんが来ないということは聞いてませんでした。ついでに言うと、ろぜさんが来るってのも前日のメールで初めて知りました。今思い返すとイレギュラーは少なからずあったぜ! そこまで気にするほどのことでもなかった気がしたので、普通に順応を選びましたが。
取り敢えず印象としては、皆若く見えた……って最年少の俺が言うと嫌味にしか聞こえないけど。ただ、俺が最年少だということは事前に把握していたので、なんか変な思い込みがあったみたいなあれがあれだったんじゃないですかね。あと、そこまで大柄な人がいなかったというのも一つあるかもしれない。





で、ここから一気にあやふやになる。ふふふ、思うんだけど案外人といるときの方が記憶が曖昧になるぜ。きっとコミュニケーションに力を使っているからだと思うけど……
取り敢えずカメラ持っていけばよかったかなぁ。まぁそもそも持ってないから、買おうかどうしようか迷ってるところなんだけどね。
メイドの格好とか、よくある街頭でチラシとか配っている人がコスプレ姿なのが中々に異色である。異色でありながら、秋葉原としては当然というのが面白いところ。でかでかとアニメやゲームの絵がビルにあるのとか見るとまさに秋葉に来たという感じだ。
というわけで、秋葉原探訪。地下のフィギュアが飾ってあるところでスイーツ(笑)食べたりしました。正直言うとマジ美味しかったです。(笑)とか迂闊につけられねぇよ。つけたけどさっき。あと、位置的にフィギュア全然眺めることなく食べていました。それが売りだろうに……リボルテックタケヤの仏像フィギュアがあったのが印象的。
ゲーム屋とかにもいきました。これもやはりさすがというべきか、なんともラインナップが厚い・・・・・・とはいえ、俺は特別詳しいわけじゃないのであれだけど。MSXとかやったことないです。セガサターンとかもないっす。
でも、中々そこらの中古ゲーム屋には昨今余り見かけない64やスーファミ、ファミコンソフトが並びまくってるのは素晴らしかった。やったことのある大概のソフトはあったからなぁ。ちょっと欲しかったけど、ハードがない現状購入しても意味なし・・・・・・




その後も秋葉原チックな店を巡る。フィギュアや各種ホビーが入っている店で、いつぞや見たことのあるアングルというか、場所を見たのが地味に感動した。確かAKB・ジャニーズ系ショップの入り口付近のアングル。誰か、作家か誰かが「俺の作品のフィギュアあったぜ! ぜ!」みたいな感じで撮ってたようなアングルが。
あとハイパーヨーヨーに笑わせて貰ったり。




そして、メイド喫茶行きました。何気に人生初。オタクチックな要素を備えた店に入ることは多々ありましたが、何だかんだでメイド喫茶に行ったことはありませんでした。いかにも正統的という感じがするというのがあるからかもしれない。
行った店舗は@home cafe。フロアは7F。ろぜさんが5Fの和装のところに行きたがっていましたが、閉じていたので断念。
何処も同じだろうけど、「ご帰宅料」が存在するのは結構シュールである。家に帰ってお金取られるってどんだけ嫌われてんだよ俺達家主。
そうして入店、メイドさんから説明を聞く。結局のところコースの注文はしませんでしたが。ボンさん、ろぜさん、俺の男3人がみっくすじゅーちゅだった。しかし、メイドさんが発音しているのを聞いて、噛みそうな注文名だなぁとか思ってました。あまり下の周り・・・・・・・やだやらしい、舌の回りがよろしくない俺のこと、多分俺が発音したら噛む。
みっくすじゅーちゅは、メイドさんが萌え萌えな言葉を言いながらふりふりしてくれるサービスつき。しかもご主人様たちも一緒に萌え萌えな言葉を繰り返すんだぜ! しかし自分でこうやって書いてて恥ずかしいサービスだぜ!
だがやるからには本気だ。
「声が小さかったら無限ループですよ!」みたいなことを言われましたが、無事ループもすることなく反芻することに成功しました。しかし俺もボンさんもろぜさんもノリノリだったぜ! モモさんが一人冷めた目でそれを見ておりました。はい。
ちゃんと最後の愛情を込めるもえもえキュン☆もやりましたよ。ハートを手で象って、左、右、前の順でもえ・もえ・キュン☆だ! ヒャッハー!
ボンさんは本人は否定してましたが途中死んだような顔をしていました。モモさんはノリが悪かったです。ろぜさんはキャバみたいとか夢の無いことを言っていました。しかし、ホームページ見るとますます風俗みたいである……メイドさん紹介ページ見てもあれだよね。あと紹介分がことごとく痛い
なんかすごい馬鹿にしてるみたいだけど、本当に楽しかったぜ! 有意義だったぜ! まぁ敢えて述べるなら、これを楽しめるなら馬鹿に違いないけど。なぁに、俺は言わずもがなで未だに厨二を患うような馬鹿で相違ないから問題はない。
まぁ本来の楽しみ方ではない、割とマジで通ってる感じを醸し出している、リーマンらしき人を眺めてたりするのも楽しかったが……
ちなみに、会員カード(ご主人様認定証)には「ふぃるたんご主人さま(はぁと」って書いて貰った。リアル界隈でキャラネーム名乗るのってなんか恥ずかしいものがあるな……うーん、まぁ今となってはフィルゼアもキャラネームに留まらず、ハンネみたいなところ、あるんだけどね。ネットネームに違いはない。


あと今気づきましたが、このとき手元に万札しかなかったので会計を委ねたかと思いますが、代金結局払ってねぇじゃん、俺。オーウ……すまん。




店を出ると既に日が暮れる頃。暮れてたっけ、暮れかけだったっけ。それは忘れた。
フィギュアやゲームを売っているビルへと。取り敢えずエロゲ売り場へ。物色をするが、結局購入はせず。いや、正直俺としては欲しいものはあったんだけど、別の店で見かけた値段より1000円高い8000円で置いてあったのでスルー。
また、結構色々な場所でフィギュアとかグッズを見たけど、結局これらも買わず。割と欲しいものもあるっちゃあるんだけど。俺としては、ねんぷちみたいなやつでリトバスのフィギュアとか欲しい・・・・・・・んだが、ピンポイントな品物は見つけられなかった。まぁ、問題ない。
そして思ったんだけど、いわゆるステレオタイプなオタク姿の人ってそこまでいるわけじゃないんだよなぁ。むしろ、それと同じくらいの割合でオタクと逆の方向性を持ったイケメンくさいのが存在する。大体の人は微妙にオタクっぽいオーラを放っている感じがする一般人、程度だな。まぁ、そんなもんだけどね、なにも生で見るまでもなくとも。とはいえ、頭に鉢巻みたいのを巻きたがるのはなんでだろう……バンダナと言うべきか。ああいうのは別の場所じゃ中々見ないところだなぁ。



そうして秋葉原を離れる。ボンさんとモモさんの家に向かうことに。
そういえば路線図を見て気付いたけど、スタドラの「カタミ ワカチタ ヤガダンセ(三鷹、立川、千駄ヶ谷)」を生で見て地味な感動を覚えた。わー。
電車は中々に混んでいた。というか、この記事で幾度目になろうかという言い回しだけど、流石というか、東京人パネェっす。容赦がない。地方を上回る勢いでガッシガシと電車内に入ってくる。あと出る奴も容赦ない。
しかし、やはりというべきか、電車は綺麗。綺麗というか、高機能というか。ショボいのだと時刻表が貼ってあり、若干上のグレードだと液晶で次の駅とか表示される扉上スペースでCM流してるんだもん。わー。




そうして暫く電車に揺られたり揺られなかったりで無事到着。電車から降りる頃には雨が降っていました。雨の中ランナウェイ! ヒューゥ!
夕食を頂くことになりました。ちなみにカレー。しかも作り方が本格的、やだ・・・・・//
ついでに色は黄色であった。俺の場合、めんどいというかそこまでの手間はかけないので、普通に具と市販ルーを放り込むくらいだからなぁ。ローリエの葉くらいは買ってもいいかもしれないんだが、しかしなんか勿体ないっていうかですね。なくてもいいかなぁって感じですかね。
美味でした。ご馳走様です。




そしてある意味ここからが本番。テーブルによくよく考えると一人複数使用したコップとか缶ビールとか並ぶ中雑談。猥談って言い換えても然程問題なかったかもしれない。
さて、それに先立って言っておかねばなるまい。例え私の評価が著しく降下することになろうと……勇猛は蛮勇に非ず。理を以て意志を以て声高々に生命の迸りを具現せしめる。つまり……ちっぱいズリ最高だよねむしろ最強だよ。うるせぇ異論は認めるが俺の意見は譲らねぇ! よくわからんけど。
いや……我ながら中々はっちゃけたけど(相対的な意味で見るならやはり俺はいつも通り充分平静の域にあったと思われるけど)、しかし、なに。俺だって弁えてはいる。純粋な嗜好の領域平面上における断片的な愛情活動だから。その愛情が無差別に溢れることはない・・・・・・それはむしろ逆に、それ本体に対する冒涜にすらなり得る行為であるからして。我ながら詭弁くさい。詭弁くさいが、しかしその反面まったくの嘘偽りでもスーパーレッド嘘でもエイトハンドレッド嘘でもない。
だから別に俺はロリコン一辺倒ってわけじゃないよ。
大好きだけど。
それしか愛せない体になってしまったッ・・・・・! 罪深きは我なるかな、許せ、世界よ・・・・・・・! みたいなわけでもないです。俺にも一般的な嗜好は備わっているよ。異常嗜好って要は針が一方向に振り切れた奴のことだと思うんだ。たとえネクロフィリアとかに手を染めても、生身の人間を愛せるならばそれは……あ、いや、それでも充分異常だね。
まぁ、害はないから問題ない。
夢見がちなだけだよ。
じゃあここら辺で対策を打ち出そう。あまり俺に変な印象がつきすぎても困るからね。おっぱいおっぱい! おっぱい最高!




はい。本当すみません。




さて、いい加減に話を戻しましょう。
というわけで、もう呼び名は漫談でもなんでもいいんだけど、話を続ける。何故か話が勝手にエロゲーの話に収束するのが印象的でした。ろぜさんの所為だ。わはは。
しかし、アラドのオフ会に来たというのに、一体何をしているんだろうという感じではあった。いや、勿論のこと全く間違っているというわけでもないんだけど、なんか謎である。一般的な意味でのオフ会ではないような、これ・・・・・・正直一般的な意味でのオフ会より面白かったのかもしれないけど、強ち。少なくとも絶対的な意味合いでは面白かったことに間違いはないけどね。
まぁ、アラドの話題も中々に多かった。俺はリアルでアラド友達は存在しないので、面白くも不思議な体験でもあった。ていうかネトゲなのにリアルで友達を求めるってのもあれだけどね、結構捩れた願望というか、矛盾した欲望というか、歪曲した展望というか。




まぁ、俺も大概変なことを言ったクチだ。言わなくてもいいことまで言ったような気がしないでもない……が、そもそも後腐れとか自身のキャラクター性を気に掛ける必要のない場であったのは疑いを挟み込む余地のない結論だ。刹那的な楽しみと言うならば、なに、そもそも俺たちの生き方が刹那的でないと? 誤BANで死亡! 垢FACKでも死亡! 突然飽きて前触れなしにログイン止めても死亡! これ以上刹那的な生き様もあるまいよ。俺は基本ブログやってるスタンスだからそこまででもないのも確かだが……つまり何だ、反省する必要はあったかもしれないが後悔はしていない。知ったことではない。というかそれはそれで俺だ、何を言い訳弁明釈明の嵐に飛び込む必要があろうか? 俺が変態であろうと鮮烈なる厨二であろうと恋する乙女であろうと堕落したただのダメ人間だろうと聞く耳を持たない。いや、乙女は流石に訂正の範囲にあるけど。ネカマを演じたことすらないが……でも、学者育成してるときは何となく女性というミスリードを招くような微妙な範囲の言葉づかいをしたくなったのは確か。不思議だよね。




その後、既に夜も更けていたけれどボンさんと決闘することに。ある意味一番アラドオフ会らしい瞬間だったかもしれない。ちなみにろぜさんは朝早いということでいなかった。やりたかった。
真横に対戦相手がいるというのも不思議な環境だ・・・・・・
まぁ、当然というか連射がないとあれなので設定しようと色々するのだが、結構手間取った。設定なんて長らく触ってないので仕方を忘れてたってのも大きいけど。まぁ、何度も何度も試行錯誤を繰り返し、ようやく設定終了。キーボーダーの指が唸る! ゲームパッド導入は今のところ視野に無し。やりやすいのかもしれないけどね。スキル発動のしやすさでいうならキーボードの方が上回るんじゃね? あと即座のチャットのしやすさも上じゃね? そこまで悲観するほどのデメリットはないと思いますまる
そんなわけで、夜更けの56ch決闘。ちなみにボンさん大体縛り準拠。俺はいつもの微妙に縛り準拠じゃない装備だったけど。そこら辺は付与ありなしでバランス取るということでオッケーだ、きっと。
まぁ、中々変な試合だった。ボンさん弱くなりすぎ。それともアルコールの魔力もあったのか・・・・・・以前やったときは結構な確率で負けてた俺だけど、ほとんど五分五分だった。個人的にクルセはそこまでトラウマないのでまぁ。メイジ四職とか相手だったらオフ会なのにブチギレてたかもしれない。いやそれは冗談だけど。それが冗談なのは確かだけど、メイジ四職が嫌いなのは本当です。好きだけど対戦するなら禿げろ。
スピとしては、やはり神聖はさほど怖くない。一応灼熱のファイアエクスプロージョンは有効なので、ダウン奪ってから通常で拘束することも可能。だが、徹甲取るSPがないのもあって、有効じゃないのも確か。頼るのはリスクが大きい。そして、復讐イヤー。本当イヤー。神聖凌いで反撃しようと思ったら復讐イヤー。発動してるかどうか地味に見づらいのもイヤダー。うっかり攻撃を叩きこんでしまったことが何度あったか・・・・・・しかし、今回立ち回りは悪くなかったと思うけど、空斬をやはり完璧には見切れてないという感じがしたのが改善材料か。まぁ明らかに詐欺判定な場合も見受けられるんですが、空斬。あとハンマーHA受けからの火炎とかしたかったけどやっぱり難しいですはい。ニルスナわっしょーい! 通常牽制Cグレネードわっしょーい! まとめるとこんな感じ。




途中でモモさんもやりたいということでグラで交代。確か前やったことあるような。
格闘といえば砕の存在があるということでぶっちゃけ苦手なんですが(こうやって考えると、俺の得意な相手ってほとんど存在しないような・・・・・・)、しかもグラは特に嫌な思い出が多いですが、レベルが低いのでまぁあれでした。
というか、HPが低いのでステの条件もアンフェアなんだけどね。スピはクロスとか結構ダメージソースだから更にね。勝敗数で言うならボロ勝ちした。あと、ボンさんが俺を妨害するって言ってたけど実際モモさんの妨害してた。あのときのボンさんは酩酊していた。ことあるごとにふぃるあらの読者だからぁ! って言ってたけど文脈が意味不明。迷子だ、誰か犬のおまわりさん読んで来い。俺にしたってトイレのスリッパ履いてくるという古典的とかそういうレベルじゃないドジ踏んだから、あまり言える立場の人間でもないんですが。
取り敢えず服は着ておこうぜ。あとボンさんが言わなくてもいいことを言ってたような気がしますが、書かなくてもいいことなので記すのは控えます。わはは。




その後は再びボンさん相手戻っての決闘。延々と続け、アラド疲労度リセット時間が近づいてきたころに終了。あと、ボンさんが55で低段狩りしてるのを眺めてた。でも弱くなりすぎだよボンさん。白段となんで微妙にいい勝負してるのさ。結果として3タテしてたけど。ちなみに、あのときボンさんがやったポンと後日俺もやってみたけど、まぁ一応3タテは出来た。コンボ貰って我ながら甘さも実感したけど。
あとは微妙に音楽談義とかしながら〆。アラド動画で使いたい音楽は沢山あるんだが、大抵合わないという……どうしてもゲーム動画に合うのって、メロスピとかになるんだよね。ドラフォとか合いそうだが。俺は最近ゲーム音楽にも嵌ってるので、そちらならまぁ概ね使えそうですが。というか既に使った。
結局、明け方5時から6時に就寝。




次の日、4月14日、土曜日。起きたら13時だった。他人の家で普通に寝まくってしまった。寝首を掻かれたらどうするんだ! まぁそんなこと気にするならオフ会行きませんけどね、ということで起床。
結局15時くらいに帰りました。クロワッサンあざっす。ちなみにろぜさんはとうに居なかった。うおお、別れの言葉を言ってねぇ! アディオス! アリデヴェルチ!




送ってすら頂いて感謝は尽きない。まさに一宿一飯の恩義と言う奴だ。マジで世話になった!
さて、しかし、1日で去るには惜しい土地である。が、まぁ次の日には用事も控えていたし、留まるというわけにもいかない。オフ会という機会でなくとも次訪れる機会があったら、複数日滞在したいなぁ。秋葉原にしたって半日で回るのは無理だしなぁ。




以下、帰宅編。




そうして、再び新幹線。JRとかバスを使ってもよかったんだけど、もはや面倒になったので新幹線。差額は何処かで節約をしよう。
そして約1日ぶりに舞い戻ってきた新幹線改札。窓口で買うことが多かったのでよく知らないんだけど、特急券と乗車券の違いは何ぞ? よく分からない。よく分からないんだが、普通特急券が付属していることが多いのでそちらを選ぶ。乗車券だけでも行けちゃうんだろうか・・・・・・疑問は尽きないが、一応結果としては問題なかったので、問題はない。しかし、切符を重ねて入れたりと、システム面倒だぜ・・・・・切符を重ねて入れる場面に出会ったことが1回くらいしかないんだが。
そんな感じで、新幹線に揺られてどんぶらこどんぶらこ、無事辿り着く私の巣。




・・・・・・の前に、新幹線を降り立ってすぐ、駅近くのソフマップに行って秋葉では購入を断念したものを買うことに。
onigokko.jpg
鬼ごっこ!
こちらでは7000円でした。もう恐らく相場は7000円程度だということで購入。ちなみに中古は6500円程度だった。なんか一抹の不安があった・・・・・・というほどでもないんだが、まぁその程度の差ならば俺は新品を選び取ろう。
desktop_1.jpg
確かにあるぜ! これからやってくぜ! ただしこちらのブログにレビュー上げることは有り得ないですが。ないない、それ。ここは純粋にして純然、狂気に代えても病的なくらい髄までアラドブログです。勿論雰囲気は明るめに、だ! 徹底してアラドという側面はあれど、病とかはここの管轄外だぜ。それの担当はあっちのフィルゼアでよろしくだ。というか、俺と一字一句たがわない名前でアニメ・ゲーム関係のブログやってる方いるんだけど何なんだろう。あれ俺じゃないよ。うーん、特に俺の名前は元ネタの無い、それこそ検索したら化粧品のタイプミス名が出てくるくらいだったんだけどな。あの人が実は俺の名前に触発されて命名したとかだったら浪漫があるね。




というわけで、そこからは本当に帰宅しました。カメラを買うことも考えたんだけど、結局のところ迷って延期処置。手持ちも少なかったというのも一つある。安い中古なら買えたんだけどね、まぁ何にせよ買うとしたら中古になる可能性が高いけどね。
本当はすぐにでも日記を書きたかったですが、何分用事が控えていたので、直後に書くことは叶わず。




またいつかやりたいなー。あとそんときはカラオケしたい。
そういえば俺のブログの話が少し出てたけど、うわあ、うわあぁぁぁぁ! あっちのブログはメイプル時代からの知り合い以外が見ること想定してねぇ! 特に文体と形式と性格を変更して生きてるアラドブログ読者なら尚更だ! でもなんでむざむざとリンクを残してるのかっていうと返事に窮するけど。いや、なんかそうしたほうがいいっぽいじゃん? みたいな? くそ、今からでも抹消すべきか……あっちからこっちに繋げる分には全く問題ないんだが。
まぁ現行ブログならともかく(にしたって何年もやってるので、開設初期と比べると文体や思想が幾分か変わってますが)、エキサイト時代はヤバイ。マジヤバイ。読み返すとむず痒い。ディザスター三部作は世には出せない。3つ目のブログのタイトルセンスは結構嫌いじゃないんだが……今の俺の厨二センスに訴えるものもある。他人のように語ってるけど、全部自分だけどね。全部自分だけど今の俺の厨二は一歩上にランクアップしてるから比べれない。ふふふ、自分が如何に無様かということをきちんと把握している厨二だぜ・・・・・・! だからこそここでは厨二めいた言い回しを避けたりしてるんですけどね。今回の記事ではバリバリ出てますが、にしたって普段のあっちのブログよりよっぽどマシですな。タイトルは結構あれだけど、最近。そこくらい炸裂させて。




おまけ
TOKYO土産といえるものは特になし。オフ会土産としてアラドガム1個貰ってきました。
ScreenShot01880.jpg
結果、2ポイント。
要らないでござる・・・・・要らないでござる……
3ポイントあったらまた違ったんだけどなぁ。ネタにすると言って凱旋したけど、結果的に見るとネタにもなってないような気がする、さすがアラドガム。




さて、オフ会の概略、事の顛末はこんなところでした。
前の記事の次がこれってのもタイミング的にどうかという感じですが……
まぁ、またな。


次からはまた普通の健全なアラド記事を再開致します。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

この記事に対するコメント

オフ会楽しそうで何より!
そして、行けなくてすまんかった!!ミーティングと休日出勤で休みが潰れたんだ!
また、できたら次は参加するよ!多分

八尋 #- | URL | 2012/04/21 02:08 * edit *

ようやくコメント欄見つけた。
やっひーの事は正直言いそびれていた…ごめん
ろぜ山に関しては、一番最初にオフ会の話題出した時に「Rozeさんって覚えてる?」みたいなこと聞いた時に言った気でいた。けどよく覚えてない
まぁ初対面で「どっちがどっちでしょうか!?」みたいな事言われて困るのも当然だなって今更ながら納得した。

あとボンと私の家じゃなくて、ボンの一人暮らししてる家です。
私は埼玉の実家暮らし。
前日に東京に出てきたんだよー

色々と初体験で戸惑ってしまったけど、今度やる時は、やっひーも交えてカラオケなり行きたいなって思ってます
今度はノリ良く出来るようにガンバル

モモのすけ #LM/MZ91E | URL | 2012/04/21 17:52 * edit *

>>八尋さん
なるほど、そういう事情があったのか・・・・・・残念だ。
次の機会があったらカモォン! どしどしカモォーン!


>>モモさん
拍手入ってたね。むしろ俺は拍手コメントの存在を知らなかった。しかし、確かにこのテンプレコメントしづらいね。分かりづらい。
まぁオフである以上、不測の事態っていうのは付いて回るんだぜ!
そのグダグダ感も糧になると思えば一興。ってか初顔合わせで滞りなく進んでも怖いよね、ある意味それ。結果論としては特に問題らしい問題もなかったからオッケーなんだ。

>>ボンと私の家じゃなくて、ボンの一人暮らししてる家です。
あら、そなんだ。
まぁ俺も大概バイアスや勘違いが多数散見されるんじゃないかと思います。困らないからいいっちゃいいけど。

は、はつたいけん・・・・・・ごくり!
まぁ下らない喰い付きは置いといて。うぇーい。
二度とないのか二度目があるのかは不明だけど、起こり得るならそのときはそのときだ! 人生に待ったはない!

ふぃるぜあ #k9MHGdfk | URL | 2012/04/24 02:34 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://filgene.blog81.fc2.com/tb.php/108-d4538840
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10