『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

どうも。


覚醒前にスキルの解説をしたいと思います。
イベントあるしテンプラ興味あるなーって方など、参考になれば嬉しいです。ただし勿論私見バリバリなので、他の情報や動画もチェックすることをオススメします。





・ウシルの呪い
226.png

15レベル自動取得スキル。パッシブスキル。
敵にランダムでウシルの呪いがかかる。呪いがかかった敵には追加ダメージ。


特にデメリットなどはなし。呪いがかかる確率は一般・ネームド&チャンピオン・ボスで分かれており、順番に60%、30%、10%。
追加ダメージは順に4%、5%、6%。PTメンバーにも恩恵あり、一律3%。



・ヒドゥンブレード
184.png

15レベル、1自動取得スキル。パッシブスキル。ON・OFF可能。
通常攻撃から闇属性触手が出る、鬼剣士ではもう最近お馴染みのアレ。


これも特にデメリットはない。ソウルの憑依や阿修羅の剣気と比べると、出るのはほんのちょびっと遅かったりするけど、まぁどうでもいい。
テンプラーは通常攻撃をそんなにしなくてもスキル回せる上、やけに弱い。正直初期取得で充分事足りる。
ScreenShot03676.png
ちなみに、通常攻撃最後の触手はやけに長い。SSの位置からでも届いている。決闘だと強いかも……いや、うーん。
下判定も割と強く、ダウンコン伸ばしたりとか出来るかも。そもそも女鬼の通常の判定が分からないけど。




・シャドーランサー
166.png

15レベル取得スキル。
闇属性多段ヒット攻撃。相手を押し出す効果がある。


ScreenShot03605.png
ダークテンプラーにおけるメイン攻撃スキル。クールも短めで、出も早く、敵を押し込むのに大変便利。
キーを前後に入れることによって移動距離を調節出来るらしい。恥ずかしながらこれを書いていて初めて知ったぜ。
後ろにキーを入れるとその場にとどまってランサーをするが、出す前にやると当然逆向きにランサーするので出した直後に入力しなければならないのだが、やけに難しい。
横軸は無論、縦軸もいい感じに広い。ただし、ダウンした小型の敵には大体当たらないので注意。
突進技のようだが、終了後に軽く後ろにステップするため、実際に移動距離は半分くらい。いい感じに敵と距離が離れるので便利。
ちなみにこのとき、バックステップのように空中にいるため、泰山圧制やシャドーハーベストを使うことが出来る。
スキル使用時のボイスは「誰だ!」って聞こえる。




・シャドーバインディング
164.png

20レベル取得スキル。
前方に影を伸ばして敵を拘束する。


ScreenShot03678.png
超便利な技。伸ばした影に敵が当たっていると拘束される。拘束は状態異常ではないが、その属性については検証してないので不明。どんな敵でも拘束できるのか……?
影の長さはそこそこ。SSの右端で切れてるくらいだったと思う。影はキャラにくっついており、前歩きするとその分自キャラの位置から影が短くなる。
ScreenShot03679.png
上下にずれたりして影から離れると、ウェーブっぽいフィニッシュ攻撃。また、フィニッシュ攻撃は制限時間を迎える・スキルキーを再度押す・敵に近付いても発動する。フィニッシュ攻撃は意外と縦軸にも判定があり、範囲外で拘束されなかった相手を巻き込むことも。
その特性上、若干動きは制限されるものの、それを超えて余りある便利スキル。ちなみに、TP取ると足を離してもフィニッシュ攻撃が出なくなるので更に便利に。
空中コンボからこれを出して更に地上コンなんてことも出来る。決闘で強そう。
ちなみに、フィニッシュ攻撃を出した瞬間からクールタイムが始まるため、これだけで永遠に拘束するなんてことは出来ない。




・シャドーハーベスト
172.png

20レベル取得スキル。
剣を叩きつけて陣を生成する。陣には持続ダメージあり。また、防御減少・気絶効果もある。


ScreenShot03677.png
ランサーの項目で書きましたが、空中発動可能。元よりキャンセルも出来る為、わざわざする必要はない。ただちょっとかっこいい。
範囲が広く、事前に敵をある程度まとめておいて発動すれば、かなり効率のいいダメージ源となる。陣のダメージはノックバックのあるダメージなので、敵の足止めになる。ちなみに、発動時にもダメージがあるが、この範囲は陣の範囲より若干広い。
何より優秀なのは、防御減少と気絶がついてくる。ちなみに発動時と陣のダメージ、両方で発動するかどうかは不明だが、防御減少については「当たった敵の~」と書いてあるので、多分前者でしか発動しない。




・シャドーハイディング
162.png

20レベル取得スキル。
影の中に隠れて移動する。発動中は無敵。


ScreenShot03680.png
普段は使いどころのない、対ギミック用スキル。
1レベルマックススキル。レベル1でも時間は1.5秒なので、ゴブ5なども余裕をもって回避可能。
何気に移動スピードがそこそこ速く、思ったよりは移動出来るので意外な使い道がある……かもしれない。
決闘でどういう性能になるのかが気になる。




イボルブ
174.png

25レベル取得スキル。パッシブスキル。
敵の魂を吸収して攻撃力を上げる。吸収した魂はバグショットで使用できる。


性質的には波動刻印に近い。追加魔法攻撃力は0.5%。
刻印との違いは、敵がいないと発動できないこと。維持時間は30秒なので、通常ダンジョンならよっぽどないのだが、長期戦ボスだと倒す敵がいなくて切れたりする。
一部異界なども、敵数が少なくて効果を充分発揮できないものと思われる。




・スカフォールド
168.png

25レベル取得スキル。
敵を闇の球体の中に閉じ込め攻撃する。一定時間経過すると爆発。


ScreenShot03681.png
要はミニ権能。これまた状態異常な投げ無効に影響されない拘束技なので、大変強力。
権能との違いは高さはいい感じで。更に、本体が自由に動けるので、拘束技としては権能より強いかも。
ScreenShot03682.png
ちなみに謎の誘導性があり、SSの位置から出して、かなり下の位置にいる敵を掴んだりもしている。一方、そこまで誘導されないこともあり、イマイチ分からない。
何気にHAスキル。スキルレベルを上げると拘束時間も伸びるが、球体が爆発するまで敵は消滅しないため、僅かなHPの敵を倒すために使うのはオススメしない。



・リベレイト-バグショット
182.png

30レベル取得スキル。
イボルブで吸収した魂をエネルギーにして発射する。エネルギーは敵を自動追尾する。


ScreenShot03683.png
攻撃の動作中でも放つことが出来、ダメージも中々で、使い勝手は非常にいい。
ダウン中や被撃硬直中などは不可。
勝手に追尾してくれるので、出しどころを考える必要もほとんどない。対象は指定出来ないが、敵の優先順位はボス→ネームド→一般。




・シャドーパペット
170.png

30レベル取得スキル。
前方に幻影を作りだして敵を引き寄せ、更に大きな剣気で相手を押し出す。


ScreenShot03685.png
まずは前方の幻影の攻撃でこちらに敵が引き寄せられる。後述の剣気が出るのは大分遅いが、これもそこまで出が早くないので、無駄撃ちにならないように。範囲自体はあるので、大体適当に撃てば当たるけど。
ScreenShot03684.png
その後、闇切りっぽいのが出て攻撃。敵を大きく押し、多段ヒットする。この多段ヒットが凄まじく、上手く当てるとガンガン当たる。タウ王国で集めまくって撃つと、とんでもないことになる。
若干攻撃までの時間はあるものの、HAかつ縦軸・横軸ともに大変範囲が優秀で、威力も高い。また、キャラに重なる~1キャラ分背後くらいの位置の相手にもヒットして押し出してくれる。




・ブラックミラー
178.png

35レベル取得スキル。
幻影の鏡を生み出し、敵にダメージを与える。範囲の内側にいた敵は、効果時間が終わるか鏡のHPがなくなり、鏡が消滅するまで出られなくなる。


ScreenShot03686.png
使用時はエレのフレームストライクのように、自キャラからカーソルが動いて行って、位置を自由に指定できる。結構遠くにも置ける。
この特性の上に、指定してからの出もそれこそフレームストライクのごとく遅めで、全体的な発生は速いとは言えない。事前に拘束を挟んだり、敵の攻撃が始まる前に設置する形になる。
スキルの中身としては、チーリングフェンスに近い。鏡に当たると敵がダメージ受けるチリフェ。
出の遅さも相まって、テンプラーのスキルの中では割と使いどころを選ぶスキル。威力も特別優れているわけではない。
また、鏡群の中に入ると被撃ダメージを減少させるバフ(バリアー)が発生する。何気にこのバフがかかってる間はHAである。




・コンジェスト
240.png

35レベル取得スキル。パッシブスキル。
維持型スキルが存在する間にスキルを使うと、攻撃力が上がる。


テンプラーの戦法を象徴するスキル。
バイディング、ハーベストなどといった、ある程度の時間持続するスキルを使用しておいて、持続中に他のスキルを使うとそのスキルの攻撃力が上昇する。
なので、ボス戦などで火力を出したかったら、まずは持続スキルをガンガン出す→火力出るスキルを使う という戦法が最も有効になる。 ……・こう書くと、クールタイムシステムの関係上、他のキャラと何も変わらない気がするが……
対応する持続スキル(重複可能スキル)はシャドーバインディング、シャドーハーベスト、スカフォールド、ブラックミラー、デストロイヤー。
攻撃力増加ボーナスが適用されるスキルは、シャドーバインディング、シャドーハーベスト、シャドーランサー、リベレイト-バグショット、スカフォールド、シャドーパペット、デッドリ―ケープ、ブラックミラー、デストロイヤー……要は転職スキル全部。




・デッドリ―ケープ
188.png

40レベル取得スキル。
敵を闇のマントで閉じ込め、左右から斬りつける。


ScreenShot03687.png
超カッコイイ。全体の時間とか見ると、これが45レベルスキルと言われてもおかしくない。ただし威力は並。
これまた権能タイプの拘束技なので、HAの相手でも掴め、一度捕まえれば相手の行動に煩わされる必要もない。
ただし、左右から斬りつけてる最中の本体はHAだが、無敵ではないので状態異常技などで殴られると中断させられてしまう。攻撃は閉じ込められていない敵にも当たり、見た目通りの広さはあるが、拘束漏らしには注意。




・デストロイヤー
190.png

45レベル取得スキル。
空中に飛び上がって剣気を地面に向けて大量に撃ちだす。一定時間後にウシルの印章が炸裂してダメージ。剣気ではなく爆発に当たった相手はダメージは受けないが、印章のカウントはされる。


ScreenShot03688.png
まさにテンプラー最強スキル。
範囲がべらぼうに広く、威力も非常に高い。これで一部屋終わる。
更に、剣気がヒットした敵には累積カウントされ、爆発がヒットした敵にはダメージは入らないが、累積カウントはされる。
ScreenShot03689.png
そして、一定時間が経過するとウシルの印章の爆発ダメージ。この爆発は近くにいる相手にも当たるため、累積に加えて重複して当たると凄まじいダメージになる。
無論発動中はHA。発動中は攻撃方向の変更は出来ず、真下~後方は攻撃がほぼ~まったく当たらないので、無駄撃ちすることだけは避けたい。





以上、簡単な解説でした。
正直内容がどうにも拙いので、解説というより所見って方が正しいかな?


戦い方についてですが、特筆することはぶっちゃけありません。
拘束の性能が高く、かつ状態異常耐性に影響されづらいため、ほぼ万能。ポンポンスキル出してれば、火力が足りれば何の悩みもなく敵を殲滅出来るでしょう。
ちなみに、自分の場合大抵部屋入ってハーベスト→ランサーorシャドーパペットで概ね終わる。ランサー押し込み→(空中)ハーベストって人もいるけど、コンジェストの関係でハーベスト始動にしてます。


未転職スキルで使えそうなのは泰山圧制と連環撃です。
泰山はランサーから使ったり出来るし、バクステから使ったりすれば組み込みやすい。
連環撃は、レベル上げて回数増やして、シャドーパペットで吹き飛んだ敵をこれで追うとカッコイイ。
……が、まぁわざわざ取るべきかっていうと、微妙。好みでどうぞ。


スキル振りについては……特にありません。
というのも、こちらのスキル振りをご覧頂けば分かるだろう。
使えない覚醒Pとヒドゥンを1止めにすれば、クリと古代取っても余裕。
ここからは、ヒドゥンMにしてみるなり、転職前スキルに手を伸ばすなり、何も困る要素はありません。SPで困らないのはありがたい。


ざっくりとこんな感じで。
rank5.png
覚醒以降のスキルについても、わざわざ1記事設けるほどではないでしょうが、記事の片隅で触れようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

この記事に対するコメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://filgene.blog81.fc2.com/tb.php/194-5c0ad27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-09