『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

隻眼光る ~なんでも出来ちゃうバット~ 

2015/11/23
Mon. 15:56

どうも。


男喧嘩のカンストも近い。パワーステーションへ赴く。そしてニベールとの再会。
ScreenShot05878.png
中将に昇進を果たしても謙虚なニベール。まぁ実際冒険者のおかげではあるんですが、無茶苦茶な人物も多いアラド大陸では人格者に見える。
よく出来た軍人(もといサポートしてくれるAPC)でありながら、天然だったり食いしん坊な一面を持っていたりと、中々お茶目な人物でもあるニベールのキャラクター性が今回は強調されています。前もフレーバーテキストでちょいちょい示唆されてたけど。
ScreenShot05880.png
パワステ入ってニベール・リア・フェルールウェインの3人と一通り顔を合わせさせられるのは一緒ですが、ヴァンの動向について少し触れられます。
どうやらリアはヴァンと接触したらしい。幼気な少女に自分のことをお兄さんと呼べとか、実はヴァンは変態なのか。リアはメルビンという実兄がいるから断ったみたいだが。
ScreenShot05882.png
結局のところ、ヴァンはノーブルスカイに行ったらしい。でも、ノーブルスカイではヴァンの影も形もなかったし……一体何をしていたのだろう。
そしてコーラがぬるいことに文句を言う中将。一瞬何故温かくないんだ! 的なことかと思ったけど、よくよく考えてみれば冷えてないってことか。常温保存されていたんだろうか。
ScreenShot05883.png
フェルールウェインからは手始めに、マグトニウムをサンプルとして見せられます。地味にマグトニウムの絡む話が増えており、マグトニウムを渡すクエも1つから2つに増えています。尤も、必要数自体はむしろ減ってる気がする。
なのですが……まぐt……アントニウム? アントンの力を削ぎにかかっている段階なのに、アントンダンジョンのドロップ品を持ってくるなんてスゲェな。でも色が妙に赤い……とまぁ、総合して考えるとアントニウムが誤植ですね。大変紛らわしい。


80超えたので、達人で二次覚醒スキルの改造型破陣砲:蓮花を覚えて撃ってみました。
ScreenShot05889.png
ピャキーン!
ScreenShot05885.png
クズども…
ScreenShot05886.png
オレの前から消えなァー!
ScreenShot05890.png
ScreenShot05887.png
ハハハハハハッ!


見た目としては、バットで殴ったら謎の爆発が起きると言うトンデモな感じのスキルです。今まで鎖で大規模に地面や天井をひっくり返していたのに、行き着く先は撲殺なのだから世の中は不思議である。
ちなみにこの鈍器らしきものですが、攻撃力70命中率100でマテリア穴はなし……ではなく、鉄の棒に破陣砲なるものを括り付けているようです。破陣砲って何ぞやと言う感じですが、地雷として用いられる兵器だそうです。ちなみに、女喧嘩にも万兵之王-破陣砲というスキルがあります。仲良しかお前ら。
なので、大爆発が起きるのは道理ではあるのですが……「打撃の衝撃を起爆剤にし」と書かれているのに、敵に当てなくても爆発まで発生するのは謎である。勝手に爆発するとか兵器として危なっかしすぎやしませんか。


実際のスキル内容的には至ってシンプルなもので、マウント同様状態異常の数に応じてダメージの上昇する打撃技です。発動すると相手を強制硬直させるので、逃げられる心配もない良いスキルです。
そして火力ですが、非常に高いです。まさに二次覚醒アクティブの名に恥じないスキル。男喧嘩の特性上このスキルを使う段階で気にする必要はあまりありませんが、爆発もあるので範囲も充分。
マウントと同じくきっちり状態異常を重ね掛けしてから放てば大火力が出ます。ちなみに攻撃までには若干タイムラグがありますが、状態異常によるダメージ増加の決定タイミングは発動時とのこと。マウントも敵を掴んだ時らしい。
爆発の途中で既に動けるようになるため、そのまま再び拘束ループへと入りましょう。


最後にカットインについて。
meiou.jpg
なんか首が長いとかオカマっぽいとか当初ネタ的な扱いを受けていた冥王カットインですが……まぁ、うん確かに。というか俺もオカマっぽいって当時思いました。
さて、元々カットインに釣られて男念を始めた私ですが、ゲーム内でカットイン見ると冥王も正直かなりいいのです。カットインだとオカマっぽさとか首が長く見える点が目立たないのもありますが、やはり隻眼が光るという演出が最高にクール。なんか眠りとか防御減少を引き起こしそうな感じの光り方だけど。魔眼とか言われても信じる。声的には忌呪帯法の方だろうか。
よくよく考えると、男念のカットインに釣られた理由の3分の1くらいは「眼が発光」だったことに相違ないわけで、そりゃ惹かれます。
そもそも二次覚醒スキル自体で言うなら、念の引き寄せ光エクスプロージョンよりバットの方が好みなので、こうなると結果オーライだったと言える……の、か?
どう考えても男喧嘩の方が育成とか辛いし、手元に残ったファイッターユニークナックルを見ると切ない気持ちになるけど。


ボスを撲殺……もとい爆殺たのしいなー。
ScreenShot05897.png
覚醒技としてはかなり気に入った部類です。出番が全然ないスーパーノヴァ、ジグ、アンホーリーフューリーなどと比べると最初からガンガン使ってます。というかヘルマーチもそこまで使う機会ないし、よく使う二次覚醒技って集敵&無敵剥がしのウロボロスしかないような……


クエ消化に戻る。プルーツを進めていたところ、発電所に浸入者(ゲーム内表記そのまま)があったとのこと。犯人は液体かよ。
何やら目的ありげな動き方をしているようで、純粋な部外者ではなく帝国軍の誰かではないかという推測が立てられる。帝国軍? となると順当に考えるならヴァンだが……
ScreenShot05899.png
イリア!
ここでまさかの再登場。エピクエ的には、絶望のチェスボード以来。ゲーム内的にはどれくらいの月日が経過しているのだろう。
なんか後ろにタイタンブレーカーが倒れてるけど、イリアが倒したんだろうか。
ScreenShot05901.png
これだけ後半に来ても謎だらけのイリア……ってミラド除いて会うのはたったの2回目なので当たり前ですが、イリアを怪しがる冒険者。
ScreenShot05902.png
そしてここでも選択肢。「実力を見せる」で何らかの敵を討伐することはまず違いないから、後者を選んだ場合はやらなくて済んだりするんでしょうか。
まぁ野蛮な冒険者のことだし、取り敢えず腕っ節に訴えてみるとしよう。ニア実力を見せてやろう。
ScreenShot05903.png
なんか好感度が上がった。あと3回くらい選択肢を選べばイリアルートに入れますか? オチは気づいたら接点があまりなかったデリラルートに入っているという感じで。
ScreenShot05905.png
ちょっちょっと雑魚を倒したら解説タイムスタート。まぁ要はナイトたちの目的はカロソが本来の姿を取り戻すことであり、使徒討伐を現時点での目的とする冒険者と利害は一致しているということ。なのだが……
いや、カロソって大転移の原因となったお方じゃないですか。あの方がかけら(道に迷った戦士)を回収したからこんなことに……ん? じゃあなんで今の次元であのおっさんが「彼が……来ている……」とか言ってたんだ? つーか実はミラドは第二の大転移が起こる瀬戸際だったのか?
実質創世の神たるカロソからしたらそりゃあ使徒撲滅は賛成だろうが……そもそも旧使徒との争いでカロソは分割されちゃったんじゃなかったっけ。ヒルダーなんとかしてもカロソも碌なことしなさそうでお先真っ暗アラド世界。


ちなみにですが「経験した冒険を話す」を選択すると、まぁそのまんまの進み方をします。完了クエスト欄から見たので不明だけど、多分敵を倒したりする必要はない。実益的にはこっちの選択の方がいいんだろうか。
ScreenShot05915.png
こちらでは「貴方のような温かい心の持ち主がいるのは素晴らしいことだ」みたいな感じの褒められ方をする。どっちにしても評価は上がるみたい。
だが……「カロソ様が誰かは知りませんが」とな。これってナイトが頑張って奔走してカロソ様完全体降臨するも裏切られパターンじゃねーのか。貴様ら塵芥のことなど知らんとか言い出して。やっぱりアラド世界もテラもお先は真っ暗の予感。



ボスをバットで殴りつつパワステ進行。撲殺冥王道中。
ScreenShot05908.png
サミュエルに飛んで火に入る夏の虫扱いされる冒険者。なんかパワステ一帯にでかい虫みたいの飛んでる気がするけど……あいつらは一体科目としては何に分類されるんだろう。悪魔タイプとかアンデッドとかそういうアラドのジャンル分けでも昆虫だっけ。
ScreenShot05898.png
やはりクエストの大筋に変化はありませんが、一部の人が喋るようになったりしてます。イラストはつくんだろうか。
ScreenShot05910.png
ボス部屋では発電機を破壊して帰っていくテラスタですが、ちゃんと発電機を破壊する理由を説明してくれました。前は説明あったっけ。しかし、名前が長すぎて省略されてるってどういうこと。



ミネットの秘密の倉庫大放出イベント
ScreenShot05907.png
割といい感じの報酬が続く中、5日目の報酬で突然40mという大金に跳ね上がりましたが、結果としてはコピー機にアバターの画像通りのヒドゥン上級クローン8部位。超タイミングいい。そりゃもう男格に装着ですよ。
力寄りで上着の能力は蓮花にしました。ルールブレイクも鉄板だと思うけど、バットが非常に気に入ったのでブースト。まぁ実際、ブーストするに見合うだけの威力はある。%だけど。過剰武器は……待ってくれ。
これで現行パッケ買う意味が相当薄れてしまいました。何度かメガホンして、最後は115枚で募集したけど来なかったからなぁ……獲得するには価格もさることながら相当の手間がかかると見て間違いない。付属品の影響って凄まじい。アバがウエハース並の価値(しかし高価)。


名誉LV.20! 名誉等級3!
ScreenShot05911.png
白→碧っぽい→金。さすがに金はなんかちょっと得した感がある。
街行く人を見る限り、金をそこそこの確率で見る具合なので、まぁ平均の域を出ない程度の進行速度か。特にステが上がるとかもないし、わざわざ頑張る予定はありません。おまけ要素という奴ですね。


色々あって喧嘩はヘリックスに行けるように。ついでにデフォアバのままというのも些か寂しいのでマフラー購入。マフラーにハマってる? そうかもしれない。
といっても、(人面ヌゴルの目を集め切れれば)どうせスキンアバを手にする予定なのですが。とはいえ、クローンなのにコピーするアバがゼロってのも腑に落ちないしね。
ScreenShot05912.png
それにしてもこのダンジョンスゲーきつい。数いるボスの中でも厄介な部類に入るであろうヘリックスボスですが、特徴の1つとして状態以上全無効があります。フリグレもマインも通じねえ!
まぁスピなら空射とかモアとかC4とか、幾らでも手段はあるしそもそも火力的にアレなんですが、男喧嘩にとっての状態異常の有無はタウキャプテンからタウガードに降格されるくらいの意味合いがあります。
拘束も出来ないし気絶もしない。これはまだいい。出血も中毒も通じないボスは流石にかなりの少数派です。強化毒瓶なんて中毒ダメージオンリーで投擲自体のダメージは発生しないため、間違って投げると悲しい光景を目にすることになる。
おまけにちょろちょろされるのも男喧嘩にとって相性が悪い。幸い網のダメージ増幅効果は発揮されるからと投げても避けられる……おいガンナータイプ、メカドロもどき落とすのやめろ。
二次覚醒後のスキルは状態異常ダメージ抜いても火力出るスキル揃ってるのがせめてもの救い。グラウンドタックルからマウントしてー、ベノムマインしてー、覚醒二種にダーティーバレルに狂爆血鎖に裂空火雨にチェーンドライブ……って攻撃手段自体は多い。でも状態異常の相手にダメ増加効果も無効だし、牙を抜かれた獣状態には相違ない。


しかも嫌らしいことに、雑魚まで対喧嘩屋仕様になってる。
ScreenShot05914.png
三つ足のロボと巣。拘束も通じないし、幸い出血などは通るけどやたらとダメージが低い。マグマスクィードとの比較画像ですが、両方とも無強化針を投げただけです。10倍に近い開きがある……
しかし、状態異常にも追加ダメージみたいのが見えるけど何なんだろう。特に追加ダメ装備もつけてないし、スキル関連でも駄目増加ならともかく追加ダメージが発生するものはないし。


終わり。最近文章が多い。書いてる分にはいいのですが、やはりパッと見て何行にも渡って文字が羅列されているのはあまり……このブログを創設した時に定めたコンセプトが崩れかかってるぞ。それとも元から砂上の楼閣ってか。
rank5.png
プロフィールいい加減そろそろ更新したいけど、喧嘩が86になってからすることにします。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

この記事に対するコメント

パッシブのベノム修練ってスキルの効果ですね。
説明の極大化ダメージってのが状態異常の追加ダメージです。

無名戦士の冒険者 #- | URL | 2015/11/23 16:51 * edit *

これは…エスカリボルグ!?

無名戦士の冒険者 #TVxKqzNE | URL | 2015/11/24 21:18 * edit *

>>名無し1さん
なるほど! ずっと極大化の項目の意味が分からず放置していましたが、これがクリティカルに応じて確率で出る極大化ダメージなのですね。
情報ありがとうございます。


>>名無し2さん
ちゃんと撲殺した相手の復活もセットで行います(再入場)。

ふぃるぜあ #- | URL | 2015/11/28 00:35 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://filgene.blog81.fc2.com/tb.php/248-e0fca532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08