『アラド戦記』ディレジエ鯖における活動記。主にジェネラルだよ! コメントもリンクも歓迎だよ!(`・ω・´)

スポンサーサイト 

--/--/--
--. --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

CM: --
TB: --

page top

暗黒の底へ~真の闇を見せてやろう~ 

2018/06/24
Sun. 23:22

どうも。


ダークランサー育成後編。舞台はノースマイアへ。
ScreenShot09194.png
ノースマイアといっても、旧来のノースマイアとウェストコースト三叉路あたりがミックスされた雰囲気。入って早々ミシェルに出会います。しばらくの間は、彼女を相棒としてストーリーを進んでいくことになります。
そしてこれで大転移前、後、オリジンと3人目となるミシェルですが、今回は大転移時と違って殺伐としてます。サイファーズとして迫害されて狂ってしまった旧アラドの頃ほど悲惨ではありませんが、白い目で見られる境遇には違いなさそうで、かなりつんけんしています。まぁつまりツンデレなんですが。ツン度95%くらいだけど。
ScreenShot09196.png
変異したあれこれを調べたりしている内に、血蝶でグリムシーカーに出会う。ローズベリー・ローンさんですか? 彼なら復活せず次元の彼方へ消え去りました。
この後アゼリアさんが登場してちゃんと部下を諫めてくれるのですが、後々この追従者が独断で武力に訴えてきたりします。グリムシーカー、魅力的な面々はいるけど過激派もいるし組織としてはめっちゃ関わりたくない感じのところである。実際だったら。
ScreenShot09198.png
ピーターさんとかアガルムとかディレジエ様LOVEの面々を攻略してレッシュフォーンに。ノースマイア回ってる間から汚染された環境の対策としてミシェルがバリアを貼ってくれますが、そこにヒルダーの加護重ね掛けしてディレジエ様に挑みます。ロータス戦にもあったけどムービー追加されてる。よかったね。
ScreenShot09200.png
ディレジエ倒したと思ったら、冒険者も次元の亀裂に飲まれて変な空間へ行くことになる。といった具合で、エピクエと完全に接続して一次覚醒クエが始まります。
なんかミニマップ見たらとんでもないことになってる。これ全部行くの? かというとまぁそんなわけはないので、多分全職分の部屋が全て表示されてるだけだと思う。
ScreenShot09201.png
なんかダークリィで素敵な雰囲気のところに放り込まれる。オリジンの性質上見たことのないマップに出会うことは基本ないので、完全に新鮮な気分に浸れるのはよい。
ScreenShot09202.png
チュートリアルぶりに魔槍士の怨恨が出てきて恨み言を連ねてくる。ここら辺は職によって違うとのこと。スピとかどういう流れになるんだろう? アベンジャーはオズマが出てくるみたいな話を見かけた気がするけど、予想出来ない職の方が多い。
しかし残念なのは、ここに限った話ではないが、ダンジョン内での吹き出し会話の比重が大きくて、クエスト内容を詳細にSSに残すのが厳しいこと。ただ文章だけで展開されるより分かりやすかったりはするんだが、ブログ的な観点としてはなんというか複雑。
ScreenShot09203.png
うるさい! 俺は自分の力で変えてみせる! 的なことを言っても怨恨さんが引き下がろうとしないので、ここで秘められた力が覚醒して自動的に一次覚醒撃って打破する。
という感じで、「一次覚醒アクティブの使用」が演出としてストーリーに組み込まれてる。エピクエ自体すぐ終わるというかそこまでのボリュームでもないけど、ここで初めて一次覚醒見たりすると結構テンション上がる。でも持続系の覚醒技とかどうするんだろう。カシヤスソードとかフィニッシュ系の技ついてるからそれでいいか。
ScreenShot09204.png
そんなわけで無事覚醒してアラドに帰って……来れない。次元の亀裂を出たらそこは氷壁だった。いわゆるミラーアラド、大転移アラドの世界にやってきました。
というわけで、こちらでも色々なことを解決しつつ元の世界に戻る方法を見つけていきます。勿論ストーリー上の話なので、ゲーム的には幾らでもアラドとミラドを行き来できます。
ScreenShot09207.png
シルバークラウンで初めてアニスに出会います。パワーステーションで出会ってた頃もあったな。
ちなみに、アブノヴァ各地でちょいちょい敵の追加があります。従来と比べたらダンジョンのレベルが上がったことになるので、マスコットみたいな敵ばかりなのもどうだろうといった感じ、かもしれない。まぁ新規敵といってもドットのベースは既存の敵の流用だけど。
ScreenShot09208.png
最初の知恵者ネメルとかいう名前も出てくる。誰。ナイト実装か何かの時に、こんな感じの名前を聞いたことがあるような気もするが……どうだっけ。
ScreenShot09211.png
端折られてる部分はあるけど、オリジンアラドでもシルバークラウン、下水道、ベヒーモス……と順々に全ての地方を回る。漂流洞窟は、現在アラドのアンダーフットの方ある程度移植されてるので、ミラドでは省かれてます。尚、こっちの世界でもヴァンとか出てくるのでちょっとややこしい。それと、こちらの次元のアガンゾはイラストが古いものだったり。
そしてパリスやイサドラなどのイラストは大転移の時のものなのに、何故かオフィーリアだけ新規イラストが用意されてる。なにゆえ。アラドの方のオフィーリアは初期イラストに戻ってるので、大転移オフィーリアのイラストが見れなくなったということになる、はず。
ScreenShot09212.png
ロータス様が見てる。こちらの世界で、本気ロータスさんと戦うことが出来ます。ゲーム的にもレベル上がってるし好都合。
ScreenShot09215.png
一通りクリアし、次元の亀裂を開いて再び現在のアラド世界に帰還。ここでミシェルとも一旦別れることになります。それなりの期間行動を共にしましたが、まだまだツンツンしてる。それが良い。
ScreenShot09218.png
天界へ。段々とレベル上げするのもめんどくさくなってきて、東門から追撃あたりまでレベル券で飛ばしたりもした。エピクエ見なくていいのかよと思わなくもないが、めんどくさくなったから仕方ないんだ。
まぁ天界以降はどうせエピクエの詳細変わってないでしょ? と思いきや、やってる内に割と会話とか変わってることが分かったりしてきて微妙な気分になったり。ニベールさんはすっかり食いしん坊キャラになってる。ニベールオンラインも既に懐かしい昔話よ。
あと一応エピックログ見てみたら、ゲント防御戦でカルテルが竹林に潜伏してるのに気づいたのがヴァンじゃなくて、依然と一緒でこのタイミングで出会うレジスタンスの人たちになってたりとか。ヴァンageちょっと緩やかになった。
ScreenShot09220.png
海上列車では新キャラが追加されてた。新キャラって言っても、この地域でのゲストNPC程度のものだけど。当たり前っちゃ当たり前だけど、水夫さんいたんだね。存在が初確認された。
ScreenShot09222.png
コンコンイ。今回はただ襲い掛かってくるだけではなくて、実は海賊団と結託してたりする。更にたちが悪くなってるじゃねえか。でも財宝目当てなので追及されるとあっさり裏切る。なんか人魚って金に汚い奴多くね?
ScreenShot09223.png
買収クエストは残念ながら消滅してしまいましたが、相変わらず楽しい漫才をしてくれる海賊団の面々。何やかんやで結構ハードな展開の続くアラド世界における清涼剤。艦長何度も倒しに行くクエのボッティの台詞が面白かった。
ScreenShot09224.png
今回は幽霊列車がエピクエに組み込まれてます。大転移の時はなかったよな?
進んでたら列車がいきなり幽霊列車にぶつかり、仕方ないのでさっき登場したカルルと一緒に様子を見に行く感じに。途中で列車の亡霊に憑りつかれ、ビッグゴーストフルーになるとかいうえらい展開に巻き込まれるカルル。倒したら無事生還したけど。よく生きてたな。アラド的には新出てもおかしくない。
ScreenShot09227.png
設定だけ見ると超燃える因縁のジジイ対決なのに、ベルクトだけに任せると世紀のグダグダ勝負になることで名高かったベルクトvsエンゾ・シフォも、ムービーを挟むことで決着するイベント戦になってます。あの残念決闘のイメージも払拭だ。というか、このムービーの2人が滅茶苦茶かっこいい。ナイスシルバー。まぁロボなんですけどねエンゾ・シフォ。
ScreenShot09228.png
そしてカルテルの兵士たちが改造されてることが発覚するわけですが、ヴァンが天界型ゾンビとかいう斬新な見地を述べてくれる。まぁ、確かにそういう考え方もあるが……その発想はなかった。
ScreenShot09233.png
続いて司令部に突入して皇女様を救出。今回の新要素として、助け出した皇女様を連れて脱出する過程が描かれている。つまりどういうことかというと、皇女様を連れてダンジョンを攻略する部分がある。
こんなめっちゃ敵がいるところを、非戦闘員である幼い皇女様を引き連れて、普通にいつも通り攻撃してるとなんかビビる。いいのかこれ。そしてナイフで多少刺されたり、鎖で殴られたりした程度では全く動じる様子のない丈夫な皇女様。ていうかクルジフの攻撃くらっても簡単には倒れないから、皇女様マジスゲェ。すげぇよ。
ScreenShot09236.png
一方メイウィンは戦死してしまった。イラストも用意されてて、そこそこ出番のあったキャラなので悲しい。アラド世界はやたらと身体の強靭な御仁とあっさり死んでしまう人の差が激しい。
ScreenShot09240.png
そして話は飛んで時間の扉へ。ストーリーの変わってるところは少ないので、語ることも比較的控えめ。変化してた点としては、カルテル結成で盗み聞きする際にちゃんと物陰に隠れてる感じになってたり。かなりどうでもいいけど。以前は自由に動き回れたというのもあるけど、まずベルクトが隠れる気ゼロだった。一応カルテルメンバーの一人だし、公然と聞き耳立てててもいいじゃん的なことかと思ったらそうでもなかった。
ScreenShot09251.png
旧悲鳴。ここは重要なポイント。ロキシー消滅の件は勿論ここでも関わってくる。通常ならアガンゾが死亡したロキシーを抱きかかえていたのに、アガンゾは一人で座り込んでいる。
ScreenShot09252.png
やはりまだ詳しいことは分かりませんが、この時点でもアガンゾは何か気付いている様子。うーむ、この先の展開が気になる。それにしても、改めてアガンゾのイラストって多いな。アラドで一番多いのは多分セリアとかだろうけど。
ScreenShot09257.png
パワステへと。勿論若干の変更はちらほら。っていうか量で言うなら時間の扉より変わってる部分多い気がする。発電所所長たちが以前より無謀な連中扱いされてなかったり、ゲイパンで突破できない変なバリアー登場したり。
ニベールのコーラ好きはここでも遺憾なく発揮されている。冒険者も得体の知れないポーションとか彼女の蹴りばかり服用しないでたまには清涼飲料水飲んだらどうでしょうか。
ScreenShot09258.png
新NPC、大尉マルジャナ。プルーツ発電所で道を塞ぐ溶岩に、フリグレ投げて冷却して通れるようにしてくれたりする人。そしてサミュエルに溶岩吹きかけられてあっさり死亡する。寿命の短いNPC。それ故、イラストも用意されてない。命が軽いぜ……
ScreenShot09261.png
ノーブルスカイへ。早速根源から、演出の強化が見られる。作業させられてるカルテル捕虜とか前はいなかった。
ScreenShot09262.png
ただ、それ以降はダンジョン的には目立った変更はないし、ストーリーも概ね同様。ただまぁ、台詞についてはちょいちょいリファインされてる雰囲気。敵襲に超ビビってるナエンに、ユルゲンが暴言吐いてたり。
なんかオリジン世界では、ユルゲンいい人みたいな流れがちょっと減った気がする。アントン実装時は逆にボロクソな印象だったので、振り回されてる可能性はある。ただまぁ、結局初期はアントンクエ最後まで行かずに終わったし、ウーンを牢屋にぶち込んだ後具体的にどうなったか知らないんですけど。以後のアントンクエで見たのと同様、追撃は軍を損耗させるだけです船主に従いなさい→うるせぇ!帰れ! な流れなんでしょうか。ちなみに今は、「こっそり付け加えた条文をもとに権利を主張するなんて」的なこと言われてた。
ScreenShot09268.png
死者の城へ。変わってるところはぼちぼち。多めな部類。視覚的に分かりやすいポイントとしては、ダナやエリカといったNPCが最後の部屋で出てきたりして、合同調査団のみならず冒険ギルドやグリムシーカーも死者の城にちゃんと立ち入ってるよ、ということが示されているところとか。
あとはとあるクエの途中、ヴァンとハーツが二人して突っ立ってて、会話を聞けるだけの部屋が用意してあったり。
ScreenShot09269.png
結構気になることも言ってる。メタ的なこと言うなら、ただ単に皇女様を登場させたかったからだろうが…皇帝レオンはまだ名前以外はさっぱり登場していませんが、帝国絡みの話になるとたまに関わってくることもある。ルーク倒したら速攻で皇女様に戻ってくるように言ったのもレオン。一体何を企んでいるのか……帝国のポジション的に、もしかしたら一つのエピソードにおける大ボスとなる可能性もゼロではない、かも。
ScreenShot09271.png
魔界以降も全く変わってないけど、まぁわざわざ書くようなことは特にない。無事カンストしたので、育成イベントで90製作エピック投げ槍ゲット。超太っ腹。サブなので、武器はもう最終と言っても過言ではない。利器取りに行くことはまぁないだろうし。
ScreenShot09272.png
製作エピックはそのまんまでも十分強いですが、更に特殊な効果を付与出来る。魔法付与とは別枠扱い。一つは属性攻撃。魔法付与を物理・魔法攻撃力に回せる上、黄金Q契約も出来るので地味にありがたそう。ただ、ダークランサーは全部闇属性固定且つ付与してもごくごく一部の攻撃しか適用されないので、つけるだけ材料の無駄。
もう一つが攻撃時に属性オブジェクトが発動する効果。守護者みたいなもの。四属性から選べて更に、敵にランダムに、一体に集中して、スキルキーで任意に、の3つの内から発動形式を選ぶことが出来る。スキルキー発動のは便利そうだがクールが長いので、集中からランダムのどちらかを選ぶのがセオリーらしい。
まぁ守護者的な感じなので、追加オブジェクトはダメージめっちゃ高い。装備が揃ってないとこっちが本体かってくらいのダメージが出る。勿論装備が揃ってきても優秀なダメージ源。ダークランサーはそこまで手数職ではないが、ディスペアーとの相性が非常に良いし、ダークスターとか他にもぼちぼちヒット数稼げるスキルはあるので特に発動確率で悩むことはない。


二次覚醒。
ScreenShot09278.png
一次覚醒と違って、二次覚醒は従来のクエスト受注してダンジョン行ったりする形式。ただし内容の方は変わっている。既存のキャラでもテキスト変わってるんだろうな……
あとクエストを発注してくれる人もシランになってる。あれ? もしかして今のアラドって、転職官の影めっちゃ薄いんじゃ……
ScreenShot09279.png
ダークランサーの二次覚醒ストーリーとしては、暴走の危険を冒してでも魔槍の力を制御したい、という類のもの。まぁアラド世界では割とありがちな動機。
ScreenShot09280-1.png
ScreenShot09280-2.png
今回は黒龍大会ではなく、真:黄龍大会に行くことになる。真とはなんか仰々しいな。しかし、ダークランサーはやはりというか暴走の危機と常に隣り合ってるらしい。しかしこうやって見ると、科学力と人間的な鍛錬で頑張ってるガンナー組って実はすごくね。
ScreenShot09282.png
大会では相手を死なさないように忠告される。よくある奴。ふと思えば、アラド世界に「これ絶対相手死んでるでしょ?」的な見た目の技ってない気がする。どう見ても倒したら敵が肉塊になりバラバラにされてるとかいう話は置いといて。
まぁスーパーノヴァとか相手を灰にしてるけど、あんまり死んだ感ないというか。首狩りで頭が転がるとかの方が、ビジュアル的に死んだ感あるという話。ミストレスのグリードとか地面に引き込まれてるけど、あれをされた敵はどうなってるんでしょう。
ScreenShot09284-1.png
ScreenShot09284-2.png
真とかついてるからどんなもんかと思ったら、正直普通の黄龍大会と何が違うのか全然分からなかった。敵一緒だし、ディスペアーぶっぱ一撃で終わるし。まぁ取り敢えず、黒龍大会が消えて、絶望の敵と戦うということはなくなった。なんでなくなったんでしょうね。絶望の塔からスジュまで行くの遠すぎ! ってなったんだろうか、やはり。
魔槍の力を支配するには、その魔槍の力に立ち向かっていく必要があるらしい。名前にダークとかついてるし設定もダークなのに、割と主人公っぽい覚醒ストーリーしてるダークランサー。まぁというわけで真:青龍大会。
ScreenShot09287.png
真青龍についても、まぁ黄龍の方と同様の感想。無事帰ってこれました。まぁいつものパターンと言えばいつものなので、そろそろ「もっとだ!もっと憎しみを極大化させるのだ!」的なことを言ってくれる人が現れてもいいなじゃないでしょうか。そんな背景背負った奴は、PTプレイで協調性なくなりそうだからダメですか。
ScreenShot09288.png
これで終わり、と思いきや今回は追加で大会以外のダンジョンにも行かされる。というわけで、時間の扉の専用ダンジョンに行く。なんか話的には既に覚醒するための修練は終わってそうな気がするが。もしかして体良く使いっ走られたのでは……
ScreenShot09289.png
専用ダンジョンではメメットやバスタンなどとは違った、完全新規の時間の守護者3体と戦うことになる。放蕩のメッシ。いつも通りサッカー選手の名前である。ぶっちゃけサッカーには全然詳しくないのだが、さすがにメッシくらいは知ってる。
ScreenShot09290.png
蛮行のガリンシャ。なんか見た目がライオンシリーズの誰かに似てる気がする。ネイマールだっけ?
ScreenShot09291.png
飛行のポクバ。しかしどいつもこいつも写真写りが良くない。シュインシュインワープするから悪いんだ。
ScreenShot09306.png
無事二次覚醒終了。二次覚醒Aかっこいいよ。良いのう。
そういえば全然キャラ性能に触れてなかったけど、傾向としては中距離型。通常攻撃がまず槍投げに変化するし。ちなみに珍しいことに、障害物などを無視して貫通する特性を持っている。スキルの方でも壁などに止められないものが多め。
範囲技はゼツボーニミモダエロのディスペアーが死ぬほど便利なので、育成は楽。それ以外だと横軸に特化していて縦軸が少々不安だが、ダークバリアルやダークディビジョンあたりがぼちぼち使いやすいのでまぁなんとかなる。
拘束は主にピアシングドライブとディフュージョンの2つ。あとは覚醒スキルとか。ピアシングはかなり短クールで投げれるが、拘束時間もその後スキル一発撃てるくらいのものなので、そこまで過度に期待するものではない。ディフュージョンはそこそこ。まぁ総合的に見ると拘束性能は並と言ったところ。
あと声が露骨に悪そう。クールなデュエ、力強いバンガと違ったダークさ。フッ!ハァ!ドゥーェ゛! 好きなボイスは一次覚醒Aの笑い声。
ScreenShot09305.png
あとダークランサー育成の過程で冒険団のレベルが上がり、ステ上昇の数値が上がりました。美味しい。アントニウムの個数が増える方は、今はアントン一般行ってないので別に……難易度上がったりギミックの都合もあるけど、入場料かかるのがめんどくさい。トーグで何かミスったら街戻りとか結構やってたのに、それが封じられるというのもある。
本当はレベルアップ券とかに一切頼らずにやった方が冒険団的には良かったけど、次のステ上昇が5レベルも先なので、正直ちょびっと頑張ってもまだまだ無駄かなーという感じが。1レベルや2レベル上げるだけでも一応実用的な恩恵は受けられるが、それにしたって今すぐに上げられるってわけでもないし、まぁ面倒な気持ちの方が勝った。




エピ。
ScreenShot09210.png
霊力の竜巻。85板金パンツ。被り。
ScreenShot09219.png
スペル・バーン・ショルダーパッド。85布肩。被り。
ScreenShot09245.png
ピュアロードコイル。90重甲腰。被り。
ScreenShot09246.png
血の盟約上着。85重甲上着。
ScreenShot09247.png
はい。これで禁じられた契約セット、揃いました。初エピック5セット! 遂に来たか! でもまぁ何と言いますかそこまで期待できるかというと……まぁ。
単品能力の方はと言えば、HP80%以下で力知能200、攻撃速度14%キャスト22%上がる上着。つけるだけで勝手にHPが15%減るので、あと5%減らせば簡単に最大効率発揮出来る。うんまぁ、スキルで体力減らせる職じゃないとそこが微妙にめんどくさいんですけどね、結局。
ScreenShot09249.png
よーし早速装備してみるぞ。まずは各部位とセット効果の方をチェックしてみよう。物理スピにとって火力に関わる部分だけ抜粋。
単品:力200、物理攻撃力100×2、属性強化10ちょい、クリティカル合計35%上昇、ダメージ15%増加
セット効果:力300、物理攻撃力20%、クリティカル30%上昇、クリダメ20%増加


……うーん、死に効果が多い。力とかかなり上がるけど、マスタリ無視してること考えると見た目より低い上がり方と言える。攻撃力上昇もフォーマルとの比較になるので、そんな特別には映らない。
そしてやはり、ダメージ増加が支配者と被って完全に死んでるのが悲しい。クリダメ増加はアサシン指基準なら完全に死に効果ではないが、でも半分死んでるようなもん。そしてクリティカル率だけはめっちゃ伸びる。でも他のキャラならともかく、手厚い待遇のスピが貰っても特に嬉しくは……
尚、これを投稿した時点でエピ改変が入って一部の性能が若干変わってる。更新が遅いとこんな弊害が出るのだ。悔いる必要がある。いずれにせよまぁ、禁じられた契約セットって85セットの中でもあんまり強そうじゃないけど。
ScreenShot09250.png
さぁ、修練行ってみようか。
結果はまぁね。うん。一応ステータスだけ見ると契約セットの方が上。攻撃速度についてもそこまで差は大きくない。だが、だからどうした状態。
ていうか、サブマリン腰抜くとなると火属性付与をQ契約に頼らざるを得ないし、そういう面から見ても今のバラエピ状態の方が利便性が高い。契約セット特有の効果としては体力回復効果と無敵で死にづらいってのがあるけど、まぁそんなに魅力的かっていうと、どうにも……


引き続き。
ScreenShot09248.png
未完成インフィニティーピアス。85槍。被り。
ScreenShot09263.png
ウェリー:リミットブレイカー。90スタッフ。
ScreenShot09265.png
しばしばエピ武器化されてるウェリーが90武器にも。魔法・独立攻撃力上昇8%が……最大8重複!? 64%上昇……強くね? ついでに最大重複で二次覚醒アクティブが+2される。
ScreenShot09264.png
N.O.V.A。85ナックル。被り。
ScreenShot09270.png
精霊王の守護。85ロッド。既出。
ScreenShot09273.png
ペリドット板金グリーブ。90板金パンツ。既出。




育成中にストーリーブック拾った。
ScreenShot09199.png
下級騎士教育日誌1。続き物のため、まだ本のカバーイラストは解放されない。
ScreenShot09301.png
下級騎士レニーの綴る日記とハーツのコメント。ほのぼのした雰囲気のストーリーブック。同率2位で入団とは、レニーって一応優秀な部類だったのか……
合格した次の日に酔っぱらって飯食いまくって肉団子投げつけたり、無茶苦茶なことしてる。大丈夫か。読んでるとちょっとハーツに同情したくなる。


終わり。
ranking6.png
いっつもこのブログってリアル時間と比べて遅れてるけど、新職作るとそのタイムラグが開いて辛い。
関連記事
スポンサーサイト

[edit]

page top

この記事に対するコメント

結成カルテルでベルクトが覗き見するようになったの、ストーリーブック見る限りだとあの段階で既にエンゾシフォに主要メンバーから除外されてたっぽいんスよね
んで、何とか元のカルテルに戻そうと奔走してたところで例の場面を見てカルテルがもう元には戻らないってのを悟って去ってったと

ゆえに本来あの会合に参加する資格が無いから覗き見してる状態が正しかったらしい

無名戦士の冒険者 #- | URL | 2018/06/25 02:08 * edit *

なるほど、逆に言えばメインメンバーから外されていたからこそプレイヤーは若ベルクトへの接触・説得が出来たという見方も出来ますね。
そしてやはり公然の覗き見じゃなくて秘密の覗き見だったと……

ふぃるぜあ #- | URL | 2018/07/10 00:03 * edit *

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://filgene.blog81.fc2.com/tb.php/310-4c86527f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2018-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。